ゴキゲン中飛車の呼称の問題

ゴキゲン中飛車の呼称の問題



ゴキゲン中飛車と呼ばれる形は、通常は初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩(1図)から始まります。

他に▲2六歩△3四歩▲7六歩△5四歩や、▲7六歩△5四歩▲2六歩△3四歩という手順でも同じく1図になります。

(1図)
Gote_Gokigen_Nakabisha_1.jpg
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩まで;1図)

1図の形から始まる、後手の中飛車をゴキゲン中飛車と呼ぶ事に現在では特に異論はないであろうと思います。


問題は特に先手番の場合です。先手番の場合は以下の3つの手順から中飛車になる場合が考えられます。
  1. 初手より▲7六歩△3四歩▲1六歩△8四歩▲5六歩
  2. 初手より▲7六歩△8四歩▲5六歩(又は▲5六歩△8四歩▲7六歩)
  3. 初手より▲5六歩△3四歩▲5八飛
です。

1の場合は、▲1六歩が入って先後逆になっていますが、基本的には1図と同様の進行です。これは先手番ゴキゲン中飛車で▲1六歩が入っていると解釈して良さそうです。

2の場合は、以下△8五歩▲7七角△5四歩▲8八飛とする升田流向かい飛車や、△3四歩▲5五歩△6二銀▲5八飛などとする五筋位取り中飛車が主な進行でしたが、現在では五筋の位を取っても取らなくても中飛車にする進行が多いと思われます。

3の場合は、後手も飛車を振って相振り飛車になる場合も有りますが、後手が居飛車にする進行もよく見られ、その場合△8四歩を後回しにする含みがあります。


2と3の進行で、先手が▲7七角~▲6八銀の形を目指す指し方を、阪口悟先生が得意として、「ナニワ流ワンパク中飛車」という著書が有り、また鈴木大介先生も「パワー中飛車で攻めつぶす本」で同様の形を解説していますが、ゴキゲン中飛車との呼び分けは、ハッキリとはしていません。


私の見る所、ゴキゲン中飛車という呼び名を1図の形以外で使う場合は、「角道を止めない中飛車」という意味で使っていると思われ、かなりしばしば「五筋位取り中飛車」も含めて呼ばれている印象を受けます。



関連項目







参考文献

勝又清和著;「最新戦法の話
勝又清和著;「消えた戦法の謎


  • 最終更新:2012-08-01 16:17:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード