先手中飛車(オープン型)

先手中飛車(オープン型)の解説のページです。



先手中飛車(オープン型)には以下の3つの始まり方が有ります。

①初手より▲7六歩△3四歩▲1六歩△8四歩▲5六歩
②初手より▲7六歩△8四歩▲5六歩(又は▲5六歩△8四歩▲7六歩)
③初手より▲5六歩△3四歩▲5八飛


①初手より▲7六歩△3四歩▲1六歩△8四歩▲5六歩のオープニング

▲1六歩は初手に突いてもOKです。

Sente_Open_Nakabisha_1

この形は、▲1六歩が入った形で、ちょうど後手ゴキゲン中飛車の先後反転の形になります。この▲1六歩が入ることで、片美濃囲いの玉が広くなるため、居飛車側の作戦を狭めている意味が有ると思われます。


この▲1六歩は後手に△8四歩と突いてもらい▲5六歩とするのが狙いです。▲1六歩のところで▲5六歩なら△8八角成▲同飛(または▲同銀)△5七角から後手に馬を作られて、先手が損だというのが定説です。今後変わる可能性は有りますが、現状では、先手が避けています。

(昔はこの3手目の▲5六歩が今風に表現すると、スペシャリストの間で指されていた時期が有ります。特に大野源一先生が▲8八同飛の形を得意とされていたようですが、後手が居飛車穴熊に組む手法が出現してから、勝率が悪化した様です。近年でも大内先生やその他の先生がたまに指されていますが、あまり戦績は良くないようです。)


後手の立場では、この形を避けたければ、▲1六歩に対して△8四歩を突かずに△1四歩と受ければ先手は▲5六歩と突きづらくなっています。さらに▲9六歩と突いても△9四歩とされるとやはり▲5六歩はやりにくくなっています。


②初手より▲7六歩△8四歩▲5六歩(又は▲5六歩△8四歩▲7六歩)のオープニング


Sente_Open_Nakabisha_2

この形は以前から見られた形です。上の①とは少し含みが違います。4手目は△8五歩、△3四歩、△5四歩、△6二銀などが有ります。

戦型としては先手五筋位取り中飛車、先手中飛車5筋突き合い型(7七角型、8八角型)などが有ります。

この5筋の歩を突き合って▲7七角と上がる形を阪口悟先生が創案し得意としたので、これをワンパク中飛車と呼べば良いように思います。

先手が5筋の歩を交換するなどのバリエーションも考えられ、キチンと分類すると意外と変化が多いと思われます。


なお、昔は後手が五筋位取りの形にされるのを嫌って、4手目から△8五歩▲7七角△5四歩とするのに対して▲8八飛とする升田流向かい飛車にする方がメジャーな指し方でした。


③初手より▲5六歩△3四歩▲5八飛のオープニング


Sente_Open_Nakabisha_3

この形は過去にも実戦例は有るのですが、近藤先生が多用してから実戦例が増加し、さらに阪口先生がワンパク中飛車の形を編み出してから特に増加したと思われます。

後手が居飛車にした場合は②の進行と合流することも有りますが、後手には飛車先不突きで△6三銀型や△5三銀型を急いだり、相振り飛車にしたりする含みがある事が②と違います。



  • 最終更新:2011-04-06 09:43:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード