対中飛車横歩取り

対中飛車横歩取りとは

対中飛車横歩取りとは、現在で言うところの後手ゴキゲン中飛車模様から五筋の歩を伸ばし、先手に横歩を取らせて中飛車にする後手の指し方です。


対中飛車横歩取りは通常、ゴキゲン中飛車と同様に1図から始まります。

(1図)
Gote_Gokigen_Nakabisha_1.jpg
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩まで;1図)

ここからゴキゲン中飛車の場合は▲2五歩△5二飛(又は▲4八銀△5二飛)と進行しますが、この対中飛車横歩取りの場合は▲2五歩△5五歩と進行します。以下▲2四歩△同歩▲同飛と2筋の交換に対して△3二金と上がり2三への飛車成りを防ぎます(2図)

(2図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_1
(1図以下▲2五歩△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△3二金まで;2図)

ここで先手が▲3四飛と横歩を取り△5二飛(3図)とすると対中飛車横歩取りの戦型になります。(横歩を取らない変化については下で別に解説します。また、▲3四飛には△4四角から中飛車にしない指し方も有ります。)

(3図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_2
(2図以下▲3四飛△5二飛まで;3図)

3図以下は先手は▲2四飛と2筋に飛車を戻るか、▲3六飛と飛車を引くかのどちらかと思われます。▲2四飛が定跡手で、▲3六飛は△4四角とされて手将棋になりそうです。

(なお、3図で▲5八金右は悪手で、△3三角▲3六飛△4四角▲4六歩△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三金▲3六飛△2二飛▲2六歩△2七角で先手不利だそうです。)

▲2四飛の後は▲2八飛としてゆっくりした進行になると一歩損が響いてくるので、後手は△5六歩▲同歩と動きます。以下△8八角成が古い定跡で△5六飛が改良策です。


3図以下▲2四飛△5六歩▲同歩△8八角成の進行


3図で先手が▲2四飛と飛車を2筋に戻った時に後手は△5六歩▲同歩と5筋を突き捨てて、△8八角成と角交換します。先手は当然▲同銀ですが、ここで後手が△3三角と打ち(4図)飛車銀両取りが掛かります。

(4図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_3
(3図以下▲2四飛△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角;4図)

この変化は木村14世名人の時代にかなり多く指されていますが、現在のゴキゲン中飛車の▲5八金右急戦によく似た印象を持ちませんか?恐らくルーツの一つでは有るのでないでしょうか?

4図では飛車銀の両取りが受からないので▲2一飛成から攻め合います。(▲2八飛なら△5六飛にどう受けても後で8八の銀を取られるか、竜を作られてしまう。)

▲2一飛成には△8八角成▲7七角△8九馬▲1一角成△5七桂▲5八金左△4九桂成▲同玉(5図)で先手良しだそうです。

(5図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_4
(4図以下▲2一飛成△8八角成▲7七角△8九馬▲1一角成△5七桂▲5八金左△4九桂成▲同玉(5図)

4図から5図に至る手順中、
(i)▲7七角のところ▲2四桂は△6二玉で後手良し。以下▲4一角には△5六飛▲5八歩△4二金▲3一竜△4一金▲同竜▲8九馬△3二桂成△7二玉▲4二成桂△5一歩が実戦例です。(昭和16年朝日番付戦;花田長太郎8段VS木村義雄名人)
(ii)△8九馬のところ△7七同馬は▲同桂△8八角▲6八金△9九角成▲2四桂で先手良し。
(iii)△5七桂のところ△6七馬は▲6八金△7六馬▲6四歩△6二玉▲5五桂で先手有利。
(iv)同じく△5七桂成のところ、△4四桂は▲2三桂から先手の勝ち筋のようです。
(v)△4九桂成のところ△5六飛には▲6八桂で先手が良いようです。

いずれにしても、この△8八角成からの激しい変化は、先手良くなると結論されて、次の△5六飛の変化が指されるようになったという事のようです。

3図以下▲2四飛△5六歩▲同歩△5六飛の進行


今度は先手が▲2四飛と飛車を2筋に戻った時に、後手も5筋の歩を交換します。(6図)この手は真部一男先生の新手だったそうで、真部流とも呼ばれます。

(6図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_5
(3図以下▲2四飛△5六歩▲同歩△5六飛まで;6図)

6図では先手玉は王手になっているため▲5八金右と受けます。ここで▲5八歩は先手に早い手が無いため、△6二玉以下後手は玉型を整えて、後手が指し易くなります。(進行例▲5八歩△6二玉▲2八飛△7二玉▲6六歩△1四歩▲6八銀△3三桂▲6七銀△5四飛)

▲5八金右に対してもやはり△6二玉と上がるのがいいようです。△6二玉の所、△5七歩から攻めかかろうとすると、以下▲6八金寄△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成△4五角△5二飛▲5三歩△同飛▲5四歩△5二飛▲7七桂で先手優勢になります。

△6二玉の後は先手は▲2八飛と両取りの筋を受け、後手は△7二玉とさらに玉を囲います。(7図)

(7図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_6
(6図以下▲5八金右△6二玉▲2八飛△7二玉まで;7図)

7図からは先手は▲6八玉や▲6六歩などとして駒組みを進めていきます。


3図以下▲3六飛の進行


(8図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_7
(3図以下▲3六飛まで;8図)

今度は先手は飛車を2筋に戻らず、3六に引いてみます。この位置であれば、5筋の歩交換を防いでおり、局面を穏やかにする含みがあります。その一方で、後手が△4四角と上がることが多く、飛車が2筋に戻りにくくなっています。

そこで、通常は先手もヒネリ飛車の様にして、相振り飛車模様の指し方になります。丁度、横歩取り△3三桂型と似た様な進行になり易いと思われます。

8図以下の進行例を挙げてみます。△6二玉▲4八金△4四角▲2七歩△7二玉▲4九玉△3三桂▲3八玉△4二銀▲7五歩△5三銀▲7六飛△6四銀(9図)(横歩取りガイドⅡ参照)

(9図)
Tai_Nakabisha_Yokofudori_8
(8図以下△6二玉▲4八金△4四角▲2七歩△7二玉▲4九玉△3三桂▲3八玉△4二銀▲7五歩△5三銀▲7六飛△6四銀まで;9図)



中飛車にしない変化

この項は「対中飛車横歩取り」なのですが、他に入れるところのない戦型をついでに挙げておきます。

まずは、中飛車にしない指し方です。2図から▲3四飛と横歩を取られた時に△5二飛とせずに、△4四角▲2四飛△2二銀▲2八飛△6二銀▲4八銀△5三銀(10図)などとする指し方です。

(10図)
Go-Go_Fu_gata_Yokofudori_1
(2図以下▲3四飛△4四角▲2四飛△2二銀▲2八飛△6二銀▲4八銀△5三銀まで;10図)

10図から先手は▲3六歩~▲3七銀~▲4六銀とするのが有力です。または▲4六歩~▲4七銀とする指し方も有ります。

一方後手は、10図以降で△5四銀、△6四銀、△8四歩などとして、駒組みを進めていきます。


横歩を取らない変化

この形も、「対中飛車横歩取り」という名前には当てはまらない形ですが、分類の都合上この項で解説します。

この指し方は、「先手は既に飛車先の歩を交換したので、横歩まで取って、リスクを犯す必要は無いのでないか」、というコンセプトです。

確かに、上の変化を見ていると、△5六歩から急戦になったり、2筋に飛車が戻れず相振り飛車模様になったりしています。普通に居飛車で指したいという考えの先手なら、2図で▲2八飛と引く手も有ると思います。

なお2図では▲4八銀や▲5八金右としておいて、後で▲2八飛とする変化も有ると思うのですが、簡便にするため2図で▲2八飛とする形に絞って解説します。

▲2八飛には、後手も▲2四歩の垂らしを防いで△2三歩と受けます。(11図)

(11図)
Tai_Nakabisha_Yokofu_torazu_1
(2図以下▲2八飛△2三歩まで;11図)

この横歩を取らない形も、後手は中飛車と居飛車の両方の指し方が考えられます。

中飛車にする場合はさらに、玉を左に囲って矢倉中飛車みたいな形にする場合(参考図1)、玉を右に囲って左銀を繰り出す場合(参考図2)、玉を右に囲って飛車を浮く形(参考図3)などが考えられそうです。

(参考図1)
Tai_Nakabisha_Yokofu_torazu_sankouzu_1

(参考図2)
Tai_Nakabisha_Yokofu_torazu_sankouzu_2

(参考図3)
Tai_Nakabisha_Yokofu_torazu_sankouzu_3

この中では、参考2図は2筋の歩を切られている形では、少し損では無いかと思われます。いわゆる、原始中飛車で玉を片美濃囲いに囲った様な形になっています。3二の金が2三の歩を守るために釘付けになってしまっています。一応、△4四角~△3三桂~△2一飛からの2筋逆襲は考えられるでしょうか?後手は持ち歩が欲しいところです。

参考1図は上でも書いたように、矢倉中飛車と言うか、急戦矢倉に近い様な戦いになりそうです。

参考3図の形は、後手は立石流などと似た様な狙いになりそうです。先手が2筋の歩を切っていることを逆用して△2四飛とぶつけたり、△7四飛などとして揺さぶったりする展開が考えられます。一時期、森雞二先生が指されていたように思います。



後手も居飛車にする場合は、後手が5筋の位を取った形の相矢倉になりそうです。ただし、先手が2筋の歩を交換しているのが、ポイントになります。

  • 最終更新:2011-08-02 17:32:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード