後手ウソ矢倉・無理やり矢倉・銀冠

後手ウソ矢倉・無理やり矢倉・銀冠の駒組


「後手ウソ矢倉・無理やり矢倉・銀冠」は、初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩(1図)のオープニングから、後手が矢倉の戦型に誘導しようとした時に出現する戦型です。

これらをまとめて総称する名称は有りませんが、鈴木英春氏は著書の中で、このオープニングからさらに雁木や右玉に組む形も含めて「なまくら型」と呼んでいたように記憶しています。

(1図)
Gote_Furibisha_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩まで;1図)

1図の形は後手が角道を止めた形の振り飛車を目指す場合にも普通に現れます。ここで先手が直ぐに▲2五歩と突くか後で突くかで大きく後手の方針に差が出ます。


ウソ矢倉への進行


先手が直ぐに▲2五歩と突いてこずに、例えば▲4八銀とした場合には、後手は△4二銀(2図)として先手が後で▲2五歩と突いた場合に△3三銀で2筋を受けられるようにします。

(2図)
Gote_Uso_Yagura_1
(1図以下▲4八銀△4二銀まで;2図)

2図からは、普通の(5手目▲6六歩型の)矢倉と先後逆の様な形で、後手の飛車先不突き矢倉になるのが想定されます。先手としては、普通に先後逆の形で持久戦にするのも一局ですし、後手に飛車先不突き矢倉をされるのは不満と思えば急戦矢倉にすることもできます。

後手銀冠・菊水矢倉の駒組


先手が直ぐに▲2五歩と突いた場合には、後手は通常は△3三角(3図)と上がって2筋を受けます。

(3図)
Gote_Furibisha_2
(1図以下▲2五歩△3三角まで;3図)

今度の場合は後手に向かい飛車にする筋が出来ますが、それはともかく矢倉模様に駒組みを進めます。

この時点では後手は振り飛車にする可能性もあるため、一番自然な手は▲4八銀だと思われます。他に変わる手としては▲5六歩や▲6八玉も有ります。

▲4八銀に対しては、後手は直ぐに矢倉に組もうとする進行と8筋の歩を伸ばす進行が有ります。

直ぐに矢倉に組もうとする場合は概ね、3図以下▲4八銀△3二金▲5六歩△5二金▲7八銀△4三金右▲7九角△2二銀▲7九角△4一玉(4図)などとなり、結局は後手は銀冠か菊水矢倉に組む形になりそうです。

(4図)
Gote_Ginkanmuri_1
(3図以下▲4八銀△3二金▲5六歩△5二金▲7八銀△4三金右▲7九角△2二銀▲7九角△4一玉まで;4図)

4図以降は先手は矢倉囲いを作りながら、後手が△5一角か△4二角と引いたタイミングで▲2四歩から2筋で歩と角の交換を目指すのが一般的です。

この際に後手が角交換を受け入れると銀冠、△3三桂として角交換を拒否すると菊水矢倉になります。




後手無理矢理矢倉の駒組


3図のように▲2五歩△3三角の交換を早くに入れられると、後手は矢倉囲いに組もうとしても、先手にはそれを阻止して、2筋を交換して、菊水矢倉か銀冠にしか出来ないように強要する権利が有ります。

そこでさらに工夫して、後手番でも矢倉に組もうとして田中寅彦先生が開発したのが、無理矢理矢倉です。

無理矢理矢倉では、△4二角~△3三銀の手を間に合わせるために、先に△8五歩まで伸ばして▲7七銀を強要します。▲7七銀によって角道を止めさせ、4四の歩が取られないようにしておいてから、△4二角とします。

具体的に手順を見ていきましょう。3図から上の「後手銀冠、菊水矢倉」と同じように▲4八銀と上がってみます。すると後手は△8四歩と突きます。 以下、先手は上の後手銀冠・菊水矢倉の時と同じように引き角からの2筋交換を狙ってみます。▲7八銀△8五歩▲7七銀△2二銀▲7九角△4二角▲5六歩△3三銀(5図)で、ピッタリと2筋を銀で受ける手が間に合います。

(5図)
Gote_Muriyari_Yagura_1
(3図以下▲4八銀△8四歩▲7八銀△8五歩▲7七銀△2二銀▲7九角△4二角▲5六歩△3三銀まで;5図)

この3図から5図への進行が無理矢理矢倉の基本的な進行ですが、色々と細かな変化が有ります。例えば、▲7七銀と上がる所で▲7七角と上がり△4二角と引くのを牽制する指し方や、▲4八銀の所で▲5六歩~▲5八金右とする指し方などが有ります。




  • 最終更新:2011-06-13 15:07:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード