後手ゴキゲン中飛車

後手ゴキゲン中飛車とは


後手ゴキゲン中飛車とは、近藤正和先生が連採して、有力と認められた後手番の角道を止めない中飛車の事です。主に初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩(1図)から始まります。

(1図)
Gote_Gokigen_Nakabisha_1.jpg
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩まで;1図)

1図からは▲2五歩△5二飛(2図)がメインの進行で、▲4八銀△5二飛(3図)という進行も有ります。


(2図)
Gote_Gokigen_Nakabishha_2
(1図以下▲2五歩△5二飛まで;2図)

この2図の形がゴキゲン中飛車のメインの形です。次の5手目で色々と展開が変わってきます。▲2四歩、▲5八金右、▲2二角成、▲7八金、▲4八銀などの手が有ります。

(3図)
Gote_Gokigen_Nakabishha_3
(1図以下▲4八銀△5二飛まで;3図)

3図の形は先手が▲4七銀型急戦(二枚銀急戦)を目指した時に現れます。▲2五歩と突いて2図からの変化に合流する事も有ります。

後手の方も△5二飛では無く、△3三角や△8八角成から向かい飛車にする佐藤流の指し方にする変化も有ります。


先手の対策

▲2四歩急戦

2図の形から▲2四歩として角頭を攻めていく形。初期の頃によく指されていたが、現在はあまり見られない。


▲4八銀型

2図の形から▲4八銀と上がる形。昔は舟囲いに囲ってから▲3七銀と出る急戦が指されていたが、現在はほとんどが超速▲3七銀戦法になり、一部が先手居飛車穴熊になる。


超速▲3七銀戦法

2012年現在ゴキゲン中飛車対策の中心となっている戦法。▲6八玉と一手上がっただけの形で、舟囲いに組む前に▲3七銀と上がり攻めの形を作るのが特徴。

先手居飛車穴熊

▲4八銀の後、先手が居飛車穴熊を目指す形。昔は後手に五筋位取り中飛車の形を許すので、良くないと見られていたが、現在は見直されている。


丸山ワクチン

2図から▲2二角成と先手から角を交換してゆっくりと玉を固めて指そうという作戦。後手は△5四歩と突いているので「角換わり将棋に五筋を突くな」という格言に反する様に誘導するという意味もある。


▲7八金型

2図から▲7八金と上がり角交換に備える手。▲2四歩△同歩▲同飛と2筋交換した時に、△8八角成▲同銀とされても8八の銀が浮き駒にならないようにして2筋交換を狙う意味がある。


▲5八金右超急戦

2図の形から▲5八金右として、△5五歩と五筋を伸ばせば、次に▲2四歩△同歩▲同飛を狙う手。後手からの△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角に▲2一飛成から対抗する。

先手後手共に途中でこの超急戦を回避する選択肢も有る。


▲4七銀急戦(二枚銀急戦)

3図の形から先手が二枚の銀を▲4七銀、▲7七銀と繰り出して攻める戦型。玉が薄くなりやすく、得意とする棋士は限られる。


関連項目







参考文献

勝又清和著;「最新戦法の話
勝又清和著;「消えた戦法の謎


  • 最終更新:2014-03-13 10:49:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード