後手一手損角換わりとは

相居飛車の将棋で、後手が敢えて一手損して角交換することで、飛車先の歩を保留して、戦う戦法の事です。


後手一手損角換わりの主流のオープニング


後手一手損角換わりの最もメインの進行は▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金(1図)から始まります。

(1図)
Gote_Ittezon_Kakugawari_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金まで;1図)

ここからは以前は▲2五歩△3三角▲同角成となって、以下△同金の阪田流向かい飛車や、△同桂から後手立石流四間飛車模様にする方が主流でした。

現在では、1図以下は▲2五歩△8八角成▲同銀△2二銀(2図)か、▲7八金△8四歩▲2五歩△8八角成▲同銀△2二銀(3図)とすると、後手は一手損する事により、飛車先の歩の位置を保留した状態で角換わり将棋になります。この形が、最も基本的な後手一手損角換わりとなります。

(2図)
Gote_Ittezon_Kakugawari_2
(1図以下▲2五歩△8八角成▲同銀△2二銀まで;2図)

この形は先手が▲7八金の一手を保留する事が出来ていますが、代わりに後手にも△8四歩の一手を保留させています。この事による損得は次の3図の形と比較して微妙です。

また上にも書いたように後手は△3三角から阪田流向かい飛車や立石流四間飛車模様に変化することも出来ます。

なお最近では、この▲2五歩に対して△8八角成とせずに△8四歩と突き、以下▲7八金△8八角成で3図と同型にする進行も多いようです。

(3図)
Gote_Ittezon_Kakugawari_3
(1図以下▲7八金△8四歩▲2五歩△8八角成▲同銀△2二銀まで;3図)

3図の形は先手が▲7八金と上がった代償に、後手にも△8四歩と突かせています。ただし、こちらの形の方は後手にも△8四歩以外に、△9四歩、△1四歩、△4四歩、△7四歩、△8八角成などと変化する権利が有ります。

なお△8八角成の所で△8五歩と伸ばすと横歩取りになります。


2図や3図からは、主に後手が腰掛け銀の形を作り、先手が腰掛け銀、早繰り銀、棒銀、右玉などを選択して戦型が決定することが多いです。

最近になり、後手が早繰り銀にする形も出て来たようですが、後手の主張点や理論的背景についてはハッキリしたことが分からないので、勝又教授の解説などを待ちたいと思っています。


他のオープニングからの後手一手損角換わり


後手一手損角換わりは、後手が手損をして角交換すれば成立するため、上に上げた以外の手順でも誘導することが可能です。

(1)▲7六歩△3四歩▲2六歩に△8八角成のオープニング

(参考1図)
Yonteme_Hachi-Hachi_Kaku_nari_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩に△8八角成まで;参考1図)

この形は最もシンプルな形での一手損角換わりへの誘導になります。通常の形とは違って、先手が▲2五歩と伸ばしておらず、後手が△3二金も△8四歩も指していません。

なお、参考1図からは▲8八同銀△2二銀から駒組が進むと思われます。先手はこの後▲7七銀と上がるか▲6八玉と囲い始めるかが一般的と思われます。一方の後手はどちらの展開でも△3三銀として後手一手損角換わりにする事が可能です。後手は他に角交換振り飛車にする展開も考えられます。

同様に後手が4手目に△9四歩や△1四歩とした形からも、▲2五歩に対して△8八角成で後手一手損角換わりに進行可能と思われます。


(2)▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩に△8八角成の進行
コレは横歩取り模様に見せかけて後手が角交換してしまう進行です。恐らく以下▲8八同銀△2二銀から普通の後手一手損角換わりに合流すると思われます。


(3)また▲7六歩に対して2手目△3二金と上がった形から▲2六歩△3四歩の進行も1図と同型になります。


(4)さらに上に上げている1図からの進行の▲7八金に対して、△8四歩では無く、△9四歩や△1四歩、△8八角成からの後手一手損角換わりも考えれます。(下記でも触れる)

このように、一口に後手一手損角換わりと言っても、かなり色々な始まり方が可能となっています。



後手一手損角換わり模様からの変化


後手の変化①

上でも紹介したように1図以下、▲2五歩に対して△3三角(参考2図)という変化がまず考えられます。この場合、先手は▲3三角成と交換することが多いと思われます。先手が角交換しない場合は、後手に△2二銀とされると角交換の▲3三角成に△同銀と形よく応じることが出来るようになってしまうので、わずかに先手が損になると思われます。

(参考2図)
SAKATA_ryu_MukaiBisha_1
(1図以下▲2五歩△3三角まで;参考2図)

▲3三角成には(1)△同金と(2)同桂の2つの変化が考えられます。

(1)同金は通常は、阪田流向かい飛車の変化です。このあと、後手は単に△2二飛や場合によっては、△6五角~△2二飛といった進行が考えらます。


(2)△同桂の場合は、△4四歩~△4五歩~△4二飛~△3五歩~△4四飛~△3五歩~△4四飛~△3四飛とする立石流の変化が有ります。

また、最近では4手目△3三角戦法でも見られるように、3三桂型での腰掛け銀の形に組む進行も考えられます。


後手の変化②

今度は1図以下▲7八金とした場合を考えてみます。上にも書いたように、△8四歩以外に、△9四歩、△1四歩、△4四歩、△7四歩、△8八角成などの変化が可能です。

このうち△9四歩、△1四歩、△8八角成は後手が飛車先不突きの形での一手損角換わりか、角交換振り飛車になると思われます。後手は△8四歩と突けば、直ぐに上記の普通の形の派生型に合流します。

△4四歩は恐らく「一手損シフト」と呼ばれていた形では無いかと思われます。後手は一手損角換わりに見せかけて▲7八金を見たところで、矢倉や四間飛車に方針を変更する作戦です。

△7四歩は澤田先生が指されていた作戦で、角道を開けたままでの袖飛車のを目指す展開です。2手目△7四歩から派生する形と合流するのですが、この段階で△7四歩の場合には、2手目の場合と比べて一部の変化を消している意味が有ります。相掛かり風の進行になりますが、少し無理気味の様です。


後手の変化③

後手が△8八角成とすれば一手損角換わりになるのですが、そこで角を交換せずに8筋の歩を伸ばす進行も考えられます。2図への進行と3図への進行のどちらでも有り得ます。

まず2図への進行中に生じる変化を見てみます。▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金(1図)から▲2五歩に△8四歩と突きます。ここから▲7八金△8五歩となれば今度は横歩取りになりますし、△8五歩の所で△8八角成とすれば3図と同一局面になります。

この進行では△8四歩以下、▲2四歩△同歩▲同飛と先手に2筋の歩交換をする変化が有りますが、その後△8五歩や△2三歩、△4一玉などから横歩取りか相掛かりになるだろうと思われます。

また3図への進行中の△8八角成で△8五歩と伸ばすと、これは完全に横歩取り模様になります。



先手の変化

次に先手の変化を見てみます。1図の後手△3二金は後手一手損角換わり模様の手ですが、先手が角交換の将棋や横歩取りを嫌った場合、5手目に▲6六歩と角道を止めて矢倉模様の進行に持ち込もうとする展開が考えられます。

後手は、△8四歩~△8五歩としても▲6八銀~▲7七銀で8筋の歩交換を銀で受ける手が間に合います。

そこで後手の方針としては、△4二銀以下、相矢倉を受けて立ったり、急戦矢倉で対抗したりする展開が主に考えられます。後手も▲2五歩と伸ばされた時に△3三銀と受けられた方が形が良いと思うのですが、△3三角から駒組みする展開も考えられそうです。



後手一手損角換わりの歴史


現在の流行につながる、後手一手損角換わりは淡路仁茂先生が創始されたと言って良いと思います。




  • 最終更新:2011-10-16 21:17:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード