後手振り飛車対抗型(クローズド型)

後手振り飛車対抗型(クローズド型)とは


ここで言っている「後手振り飛車対抗型(クローズド型)」とは、後手が従来の角道を止めるタイプの振り飛車に対して先手が居飛車にする形の事をさしています。

典型的な「後手振り飛車対抗型(クローズド型)」は初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩(1図)から始まるか、この形から進行する形に合流します。

(1図)
Gote_Furibisha_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩まで;1図)

先手はここで▲2五歩△3三角とすぐに飛車先を伸ばす形と、飛車先を伸ばさずに保留して▲4八銀などと駒組を進める手とがあります。

▲2五歩を保留した方が、後手の向かい飛車の選択を阻害しているのですが、代わりに△4二銀から後手がウソ矢倉に組む展開を可能にしており一長一短です。ただし、▲2五歩△3三角としても後手無理矢理矢倉にする展開があるため、完全に後手が矢倉に組むのを牽制できている訳ではありません。(さらに厳密な事を言えば、▲2五歩△3三角▲5六歩とすれば、後手はかなりに矢倉に組みにくくなります。)

後手が振り飛車にする場合、1図以下どこかの段階で飛車を横に動かします。△5二飛とすれば中飛車、△4二飛とすれば四間飛車、△3二飛とすれば三間飛車、△2二飛とすれば向かい飛車になります。

ここでは、向かい飛車のみ▲2五歩△3三角を交換した形で、ほかの振り飛車は▲2五歩を保留して▲4八銀とした形に限定して見ていきます。

(後手が1図から居飛車を目指す形は後手ウソ矢倉・無理やり矢倉・銀冠を参考にしてください。)

後手中飛車対抗形(クローズド型)



後手が中飛車にする場合、最も自然な進行の一つは、1図から▲4八銀△4二銀▲5六歩△5二飛(2図)ではないかと思います。

(2図)
Gote_Nakabisha_1
(1図以下▲4八銀△4二銀▲5六歩△5二飛まで;2図)

ゴキゲン中飛車ではない、角道を閉じた中飛車では、3一の銀を保留することはまず無さそうなので、△4二銀と上がってしまいます。また△5四歩は急がなくても大丈夫なので後回しにします。もちろん▲2五歩△3三角の交換が入る事もあります。

なお、この手順中に▲5六歩の所で▲4六歩なら先手が右四間飛車にする筋が見えており、後手も中飛車にしづらくなっています。

2図以下は、後手は早囲い(金美濃、風車)、片美濃囲い、穴熊囲いに組む指し方が有ります。

また居飛車側は、居飛車穴熊が最有力の指し方ですが、▲4六金戦法や▲3八飛戦法などの指し方も有ります。


後手四間飛車対抗形(クローズド型)


後手が四間飛車にする場合の最も自然な進行の一つは、1図から▲4八銀△4二飛(3図)と考えられます。

(3図)
Gote_Shiken_Bisha_1
(1図以下▲4八銀△4二飛まで;3図)

角道を閉じた四間飛車にする場合には、左銀を△3二銀や△4三銀まで上がってから、飛車を振る場合も有りますが、必ず四間飛車にするのであれば、この3図の形が最も手広いと思われます。

3図からも、後手は色々な指し方が有ります。

まず玉の移動については、(1)玉を上がるのを後回しにする藤井システム、(2)△6二玉~△7二銀~△7一玉とする指し方、(3)すぐに△6二玉~△7二玉~△8二玉と穴熊囲いに組む含みをもたせる形が有ります。

また左の銀は3一のままに保留する場合、立石流を目指す形や藤井システムの場合に他の手を優先する指し方が有ります。

先手が急戦にしてきた場合、左の金銀の位置の組み合わせが、(1)△3二銀△5二金、(2)△4三銀△5二金、(3)△4三銀△4一金と有ります。

また5筋と6筋の歩をどちらを先に突くか、1筋の香車を上がるかどうかも、微妙に変化が違ってきます。


居飛車側の作戦としては、居飛車穴熊が最も有力ですが、他にも▲5七銀左急戦、▲5七銀右急戦、棒銀、▲5筋位取り、玉頭位取り、左美濃、ミレニアムなどの作戦があります。



後手三間飛車対抗形(クローズド型)


後手が三間飛車を目指す場合に4図は自然な進行例だと思われます。

(4図)
Gote_Sanken_Bisha_1
(1図以下▲4八銀△3二飛▲2五歩△3三角まで;4図)

後手が三間飛車を目指す場合、左銀を上がる前に△3二飛と振るのが自然だと思われます。それに対して先手は▲2五歩と突きます。

先手は必ずしも▲2五歩を突く必要はないはずですが、この歩を突かない場合、後手から△3五歩とされるとその後で▲2五歩としても△3四飛と石田流の形で2筋を受けられてしまいます。この変化を消すために先手はここで▲2五歩と突きます。

もちろん、後手は△3三角と上がって2筋の交換を防ぎます。


4図以下、後手は△4二銀と上がり、美濃囲いか穴熊囲いに組む指し方が多いですが、対居飛車穴熊の作戦として囲いを完成させる前に玉頭に盛り上がっていく、コーヤン流の指し方も有ります。


先手の作戦としては、やはり居飛車穴熊が最有力です。他には4五歩からの早仕掛けと▲5七銀左から▲3五歩の仕掛けが有ます。


後手向かい飛車対抗形(クローズド型)


後手が自然に向かい飛車に振るためには、先手が早めに▲2五歩と突き△3三角と上がる必要が有ります。

(5図)
Gote_Mukai_Bisha_1
(1図以下▲2五歩△3三角▲4八銀△2二飛まで;5図)

先手が▲2五歩と早めに突いてしまうのは、幾つかの意図が有ります。後手が「ウソ矢倉にするの嫌った」、「後手が立石流にする変化を消す」、「後手に向かい飛車にされても怖くない」などです。

一般的には、他の振り飛車と比べて向かい飛車は、ややマイナーです。

後手にメリットが有るとすれば、△2四歩からの仕掛けが有るので、先手がやや居飛車穴熊に組みにくいという事ですが、現在では離れ駒をなくしてから居飛車穴熊に組む手順が発達しているので、それでも居飛車穴熊を目指される場合が増えていると思います。

他には先手が▲5七銀左型で角頭を狙った急戦にすると、四間飛車に対する急戦の変化と合流することが多いと思われます。


後手が飛車の位置を保留する形1


(6図)
Gote_Furibisha_3
(1図以下▲4八銀△3二銀[または△4二銀]▲5六歩△4三銀まで;6図)

今度は、飛車の位置を決める前に銀を上がってみます。これだと、△5二飛、△4二飛、△3二飛と好きな位置に飛車を振ることが出来ます。

ただしその代償に銀の位置を決めてしまっています。四間飛車にした場合、▲4六銀や▲4六歩からの攻め、三間飛車にした場合も▲4五歩早仕掛けの筋が有ります。


また、飛車を振っていないので、ここから後手は右玉や雁木、袖飛車にする狙いも有ります。


後手が飛車の位置を保留する形2


(7図)
Gote_Furibisha_4
(1図以下▲4八銀△4二銀▲5六歩△5四歩まで;7図)

これも6図と同様に飛車の位置を保留した形です。今度の場合は、中飛車か、5三銀型の四間飛車、三間飛車、袖飛車などの他に、雁木や矢倉も考えられます。


後手が飛車の位置を保留する形3


(8図)
Gote_Furibisha_5
(1図以下▲4八銀△4二銀▲5六歩△3二金まで;8図)

今度は、△3二金と上がってみます。これは、ハチワンダイバーに出てきた、「ハチワンシステム」の指し方ですね。

ハチワンシステムでは、居飛車(というか雁木)と、袖飛車の速攻と、振り飛車(△5三銀△4三金型の向かい飛車)を使い分けると、漫画の中で出ていました。

個人的には、この形なら中飛車と矢倉メインで、先手の対応次第で雁木や袖飛車も使用可能という感じでシステム化した方が良いのでないかと思っています。




  • 最終更新:2011-11-09 12:54:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード