急戦矢倉

相矢倉に進行する途中で、主に後手が攻撃型を作り戦いをはじめる戦型を急戦矢倉と呼びます。

矢倉に組む手順で5手目が▲7七銀か▲6六歩かで、後手からの有効な急戦が異なります。

先手が5手目▲7七銀を選択した場合、後手がウソ矢倉の場合には、先手からの急戦矢倉も有ります。


5手目▲6六歩型に対する後手急戦矢倉


5手目▲6六歩からの矢倉は後手の急戦矢倉を牽制している意味がありますが、それでも急戦策を取る指し方も有ります。

(1)棒銀

(2)右四間飛車(中川流;腰掛け銀型右四間飛車)

(3)5筋交換型(阿久津流・郷田流)

なお、普通の矢倉中飛車や塚田流の右四間飛車は▲6六歩型に対しては一般的にはあまり有効では有りません。

▲7七銀型に対しコレらの対策を取ったときには7七の銀を▲6八銀と引くのが受けの形になるのですが、▲6六歩型の場合は6八の銀を7七に上がることを保留することによって、2手早く対応出来ることになるからです。



後手速攻棒銀

後手右四間飛車(中川流)

矢倉中飛車

塚田流△6二飛戦法

米長流急戦矢倉

中原流急戦矢倉

郷田・阿久津流急戦矢倉


その他の急戦矢倉

二枚銀急戦矢倉

カニカニ銀

升田流急戦矢倉





  • 最終更新:2012-08-01 17:16:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード