新矢倉24手組み

新矢倉24手組とは

新矢倉24手組みとは、相矢倉の基本となる形の一つである1図の局面で、初手から数えて24手目になり、従来から有った「矢倉24手組み」と区別するため、この名前が有る。(参照矢倉24手組みの組み方矢倉24手組み


(1図)
Yagura_2
(初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5六歩△5四歩▲4八銀△4二銀▲5八金右△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△7四歩▲6七金右△5二金▲7七銀△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩まで;1図)

なお、現在は図の下に書いてある手順が一般的であるが、以前は5手目に▲6六歩では無く、▲7七銀と上がる手の方が一般的であったが、後手の急戦矢倉に対する対応のしやすさから、流行が移ったという経緯がある。

1図以降は、▲6八角とする森下システムの指し方と▲3七銀とする指し方がメインとなっています。それらに比べると少ないですが、▲3五歩から3筋の歩交換を目指す手も有ります。

25手目▲6八角(森下システム)

森下システムは1図の局面から▲6八角として矢倉囲いの構築を始め、後手の方針によって先行したり、反撃したり、受けに回ったりする戦法です。(森下卓先生によると戦法では無く、思想だそうです。)

なお、森下先生の名前が付いていますが、青野先生や淡路先生が同様の形を森下先生以前に指していますし、構想のオリジナルとしては、飛車先を突くタイプの古い形の「矢倉24手組」の時代に既に中原16世名人が、似た様な指し方をしています。森下先生の功績はまとめ上げて、しかも勝った事だと思います。

(2図)
Yagura_MORISHITA_system_1
(1図以下▲6八角まで;2図)

2図が森下システムの基本の形になります。

ここで、後手は「△9四歩と突き、5二金型でスズメ刺しにする筋を見せる」指し方と「△4三金右と中央を手厚くし、以下△6四角や△7三銀、△9四歩から駒組みを進める」指し方とが有ります。



25手目▲3七銀(加藤流、▲4六銀▲3七桂戦法など)

新矢倉24手組みの局面から、▲3七銀と上がった形が、矢倉▲3七銀戦法の基本の形になります。後手の対応により、此処から先がまた色々と分かれます。

(3図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_1
(1図以下▲3七銀まで;3図)

3図は矢倉の▲3七銀戦法の基本形になります。

ここで後手は、△4三金右、△8五歩、△6四角などの手が考えられます。

このうち、△4三金右は以前は指されていたのですが、現在では▲3五歩から先手が局面をリードする事が出来ると言われており、普通は指されません。


26手目△8五歩も一時期よく指されていたのですが、最近はあまり見かけない様です。やはり▲3五歩や、▲4六銀~▲5五歩の様に仕掛けられるのが、後手にとってえ不服なのでしょうか?


26手目△6四角は▲3五歩の仕掛けを牽制して、展開をゆっくりして駒組みを進める手です。ここで、先手は「(1)▲6五歩△4二角から▲5五歩、又は▲3五歩と仕掛ける展開」と、「(2)▲6八角から玉を囲う展開」があります。

さらに△6四角▲6八角から双方玉を囲った後で、▲4六銀とする▲4六銀▲3七桂戦法と、▲2六歩などとする加藤流にわかれます。



25手目▲3五歩(3筋交換)


新矢倉24手組から▲3五歩と突いて3筋の交換を目指す形です。この3筋交換は▲3七銀と上がってから目指す事が多かったのですが、上に解説しているように、△6四角とされると交換できないため、銀を上がらずに歩交換を目指します。

(4図)
Yagura_San_Go_Fu_senpou_1
(1図以下▲3五歩まで;4図)

4図では後手が素直に△3五同歩と取ると、以下▲同角△4三金右▲3七銀△6四角▲4六角△7三銀▲7九玉△3一玉▲8八玉△2二玉▲3六銀△3四歩▲2六歩などと進行すると、先手のみ1歩を持ち、攻撃の理想形に組むことが出来て作戦勝ちになると考えられています。

そのため、第4図では△6四角と歩を取る前に牽制し、以下▲1八飛と進行します。

▲1八飛以下は、△3五歩、△8五歩、△5三銀などの指し方が有ります。


(参考;深浦康市著「これが最前線だ!」テーマ22)


25手目にその他の手


1図では他に▲1六歩や▲3八飛という手も考えられます。

▲1六歩はスズメ刺しなどの端から攻める展開を考慮した指し方ですが、スズメ刺し自体が棒銀という天敵があり、特殊な場合以外はあまり有効とは考えられていないと思います。

▲3八飛は郷田流で森下システムの変化に別手順で持ち込むのが目的の指し方ですが、深浦流の▲4六銀~▲5五歩の変化で、森下システムのメインの変化が見直されたため、結局はあまり主流の変化にはなっていないと思います。

両方とも▲6七金右を保留した指し方で現れる事が多いと思われます。


  • 最終更新:2011-09-28 13:44:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード