木村定跡

木村定跡とは


角換わり腰掛け銀の定跡の一つで木村義雄14世名人によって確立されたのでこの名前が有ります。

恐らく「将棋の全ての定跡の中で最も完璧」と言っても過言では無い定跡だと思われ、その局面になれば手番の側が勝勢になるので、現在プロの対局では現れることは有りません。

(1図)
KIMURA_Johseki_1
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲2五歩△3二金▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成 ▲同銀△2二銀▲7八金△3三銀▲3八銀△6二銀▲4六歩△6四歩▲4七銀△6三銀▲5八金△5二金▲6八玉△4二玉▲3六歩△7四歩▲5六銀△5四銀▲7九玉△3一玉▲6六歩△4四歩▲1六歩△1四歩▲9六歩△9四歩▲3七桂△7三桂▲8八玉△2二玉まで;1図)

この1図の局面から始まる先手の攻撃手順が「木村定跡」と呼ばれています。

なお、1図までの手順は古い時代の角換わりの手順で、序盤の早い時期に▲2五歩と突いています。現在の角換わり腰掛け銀の駒組み手順は、角換わり腰掛け銀及び角換わり腰掛け銀同型を参照してください。


木村定跡の手順


1図から▲4五歩と突き捨て△同歩に▲3五歩と突きます。これに△同歩と取ると▲4五桂から先手の攻めが続きます。そこで△4四銀と上がって受けます。(2図)

(2図)
KIMURA_Johseki_2
(1図以下▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀まで;2図)


そして更に、▲7五歩△同歩と後手の7三の桂馬に嫌味をつけておいてから、おもむろに▲2四歩△同歩▲同飛と飛車先の歩を交換し一歩持ちます。△2三歩には▲2八飛と引きます。(3図)

(3図)
KIMURA_Johseki_3
(2図以下▲7五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛まで;3図)

3図では次に▲7四歩と打たれる傷が有るので、後手は△6三角と打って守ります。ここは本当は△6三金と受けたいのですが、▲7四歩△同歩▲4一角と打たれる筋が有るので、角を打ちます。

(なお角換わり腰掛け銀同型の場合は同じ攻めの手順でも3一玉型のため▲4一角の隙が無いので△6三金と受ける事が出来ます。)

△6三角と受けた手に対して、今度は▲1五歩から1筋を攻めます。△同歩に▲1三歩と打ちます。これも放置すると▲1五香から端を詰められるので△1三同香と取りますが、▲2五桂がまた香取りの先手になります。△1四香と逃げた手にここでおもむろに▲3四歩と取り込み、再び1歩を手にします。(4図)

(4図)
KIMURA_Johseki_4
(3図以下△6三角▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲2五桂△1四香▲3四歩まで;4図)

4図では次に▲3三歩成などの攻めが有るので、後手から△2四歩と催促します。これに対しては△3三桂成と桂馬から成ります。

△同桂には▲2四飛と走ります。この手は1四の香車取りにもなっており△2三金と上がって受けます。その時に▲1一角と打ち、△3二玉と逃げますが、▲3三歩成として△同銀に▲4四桂△同銀▲2三飛成△同玉▲4四角成と攻めて、先手大優勢となります。(5図)

(5図)
KIMURA_Johseki_5
(4図以下△2四歩▲3三桂成△同桂▲2四飛△2三金▲1一角△3二玉▲3三歩成△同銀▲4四桂△同銀▲2三飛成△同玉▲4四角成まで;5図)


この一連の手順が木村定跡です。

非常に完成度の高い定跡で、1図の局面では既に先手が優勢だと言われています。それゆえ、上でも書いたように、現在のプロの対局に現れることは無いと思われ、通常はその前に変化されます。


現在手に入りやすい棋書で、最も詳しいのは西尾明先生の「よくわかる角換わり」だと思います。


参考文献

西尾明 著;「よくわかる角換わり
所司和晴 著;「角換わりの基礎知識
田中寅彦 著;「角換わりガイド (週将ブックス―定跡百科)」



  • 最終更新:2011-10-03 17:09:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード