横歩取り△2三歩型

横歩取り△2三歩型とは、


横歩取り△2三歩型とは、横歩取りの戦型の一つで、主に初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛(1図)から始まる戦型の事です。

(他に8筋の歩を8四で保留し、△4一玉とする戦型も有ります。)

(1図)
Yokofudori_3
(初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛まで;1図)

1図の一手前で▲3四飛と取らずに▲2六飛か▲2八飛と引くと相掛かりの戦型になります。

1図からは△8八角成▲同銀△2五角(2図)と進みます。

(2図)
Yokofudori_Ni-San_Fu_gata_1
(1図以下△8八角成▲同銀△2五角まで;2図)

2図では、2五の角によって、3四の飛車と4七の歩の両取りになっています。ここから▲3二飛成と飛車を切って▲3八銀と受ける指し方(飛車切り型)と、▲3六飛とする指し方(飛車引き型)に分かれます。

飛車切り型


2図から▲3二飛成と飛車を切り、以下△同銀▲3八銀△3三銀(3図)と進行します。

(3図)
Yokofudori_Ni-San_Fu_gata_2
(2図以下▲3二飛成△同銀▲3八銀△3三銀まで;3図)

これは古くから有る定跡(大橋柳雪氏の実戦譜が有る様です)です。昔は後手が有利と思われていたそうですが、大正~昭和の初期にかけて徐々に、実戦的に先手が有利で無いかと言う事になったようです。現在では3図から▲1六歩が最有力と考えられているようです。

3図からは
  1. ▲1六歩
  2. ▲6八玉
  3. ▲4五角
  4. ▲7七銀
  5. ▲6九玉
といった手段が有ります。



飛車引き型


2図から▲3六飛△同角▲同歩(4図)と進行します。

(4図)
Yokofudori_Ni-San_Fu_gata_3
(2図以下▲3六飛△同角▲同歩まで;4図)

4図からは
  1. △2七飛
  2. △8六歩
の2つ手段が有効と考えられています。

まずは、△2七飛の変化から見ていきます。


4図までの進行は飛車切りの変化と比べると、新しい変化のようです。誰が始めたのかは、はっきりした資料は見つけられなかったのですが、「続・横歩取りは生きているー下巻ー」に拠ると、木村14世名人や山田道美先生も▲3六飛の変化を解説されていたそうで、この手自体は存在していたようです。

木村14世名人の解説では、△2七飛以下▲3八銀△2五飛成▲1八角△2二銀▲3七銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七銀△8二飛▲8六歩△3三銀▲6八玉で互角と当時判断されています。

また山田道美先生は後手に飛車先交換で歩を持たせなければ互角と考えていたようで、木村14世名人の解説手順は後手有望と考えていた様です。

ぐっと時代が下りますが、この▲3六飛は佐藤康光先生が、奨励会時代に得意にされていたそうで、4図から△2七飛に▲3八銀△2五飛成までは昔から有った順で、以下▲7七銀△6二銀(△7二銀)▲2七角というのが、佐藤康光先生(当時3段)の新構想だったようです。もっとも、▲3六飛が有名になったのは、NHK杯戦の羽生vs谷川戦で、当時私もテレビで見ていました。


次に、4図からすぐに△8六歩として一歩持とうという指し方を見ていきます。

△8六歩以下は▲同歩△同飛とここで花田長太郎先生の棋書には▲8七歩だったのですが、後に山田道美先生が▲6八玉と修正手を示しており、現在もこの▲6八玉が最善手とされています。

(花田説は▲8七歩以下、△8二飛▲3八銀△2二銀▲5八玉△6二銀▲7七銀△6四歩▲3七桂△6三銀で後手有利。後に▲5八玉を▲6八玉に微修正している。)


△8六歩▲同歩△同飛▲6八玉に山田先生の見解は△8二飛▲3八銀△2二銀▲4六歩△3三銀▲3七桂△5二玉▲4五歩△7二銀で、後手指しやすいという見解だったようです。


現在入手できる本では▲6八玉からは、△8二飛▲3八銀△2二銀▲4六歩△7二銀▲3五歩△4二玉▲4七角△6四歩▲3七桂(村山聖流)か、△8二飛▲3八銀△2二銀▲6六角△7二銀▲8四歩△6四歩▲7七桂のどちらの手順も先手が指し易いという見解のようです。


捕捉;1図から4一玉の変化


1図では△8八角成とせずに△4一玉とする変化も考えられ、戦前一部の棋士が採用していたそうです。△4一玉以下▲3六飛△8八角成▲同銀△2七角▲2六飛△5四角成として、後手一歩損でも馬ができてバランスが取れているという考えです。

これには2つの対策が有ります。

一つ目は升田流の対策で△4一玉に▲7七金で角交換を拒否しヒネリ飛車にする指し方です。(▲7七金は花田長太郎先生も著書で触れられていたそうです)

実戦例(升田幸三vs飯塚勘一郎;昭和21年9月5日)は▲7七金以下△4二銀▲9六歩△4四歩▲7五歩△6二銀▲3六飛△5四歩▲3八銀△4三銀▲9七角△3一角▲4八玉△5三銀▲3九玉△6四銀▲7六飛△7二金▲2八玉△8三金▲6六金△5五歩▲7七桂△5四銀▲6八銀△8四金▲5六歩△同歩▲5五歩という進行になっています。(手順中△4四歩が疑問だったようです。)

もう一つは山田道美先生の説で、▲3六飛以下△5四角成までの順から、▲2七角と打ち△6四馬▲6六飛△6二銀▲6四飛△同歩▲7七銀で先手有利と言うものです。

この△4一玉の変化は現代のプロの対局では全く見られないと思います。


参考文献

定跡百科<3>横歩取りガイド ; 所司和晴 著 
消えた戦法の謎 ; 勝又清和 著


  • 最終更新:2011-05-29 19:28:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード