横歩取り△3三角戦法

横歩取り△3三角戦法とは

横歩取り△3三角戦法とは、横歩取りの戦型の一つで、現在この戦型の中心になっている形です。この戦型の中には、中座飛車(=横歩取り△8五飛戦法)、中原流、内藤流などの形が含まれます。

通常は初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛と先手が横歩を取った時に、△3三角(1図)と後手が角を上がる手から始まります。

(1図)
Yokofudori_San-San_kaku_senpou_1
(初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△3三角;1図)

1図から▲3六飛(2図)と引く手が主流ですが、他に▲5八玉と上がって▲3六歩~▲3七桂などの形を狙う青野流の指し方も有ります。

ここでは、まず通常の▲3六飛(2図)以下の指し方を見ていきます。

(2図)
Yokofudori_San-San_kaku_senpou_2
(1図以下▲3六飛まで;2図)

2図からもともとよく指されていたのは、△8四飛(3図)と引く手で主に内藤流や中原流に進行していました。その後△2二銀と飛車引きを保留し、後で△8五飛と引く中座飛車の形が大流行していました。2011年現在は△5二玉型での中原囲いを目指す形が盛んに指されています。(他に2図で△4一玉とする形も有ります。)後で手順前後して同じ形になる場合もよく有ります。


▲3六飛に△8四飛の形(内藤流、中原流)


(3図)
Yokofudori_San-San_kaku_senpou_3
(2図以下△8四飛まで;3図)

この形は中座飛車以前の基本形で、主に内藤流や中原流に進行します。3図以下は▲2六飛△2二銀▲8七歩(4図)と進むのが、定跡の進行です。

(4図)
Yokofudori_San-San_kaku_senpou_4
(3図以下▲2六飛△2二銀▲8七歩まで;4図)

4図では、△5二玉(又は△1四歩)から中住まい玉での戦いが横歩取り内藤流になります。(5図)

(5図)
Yokofudori_NAITOU_ryu_1
(4図以下△5二玉まで;5図)

5図からは、後手は(a)右の金銀を不動のまま1筋の歩を伸ばす形、(b)△7二金△6二銀と金開きに構える形、(c)△7二銀と締まる形が有ります。先手の方は、▲6八玉型と▲5八玉と中住まい玉にする形とが有ります。さらに最近では、(d)△5一金~△6二銀とすると松尾流△5二玉型の形に合流します。


また4図から△4一玉として、以下△5一金~△6二銀(又は△6二銀~△5一金)とする中原囲いを構築する指し方が、横歩取り中原流になります。(6図)

(6図)
Yokofudori_NAKAHARA_ryu_1
(4図以下△5二玉まで;6図)

6図からは後手は中原囲いの構築を目指すわけですが、その完成前に△5四歩や△5四飛などとする進行も有ります。また先手はやはり▲5八玉型と▲6八玉型が有ります。


▲3六飛に△2二銀の形(中座流8五飛型、先手▲8七歩保留型)


(7図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_1
(2図以下△2二銀まで;7図)

今度は後手は飛車を引く手を保留して△2二銀と上がります。ここでは、飛車の位置を決めないのがポイントで、これは中座流の基本の指し方になります。後手は△8五歩と引く余地を作っている訳ですが、先手は直ぐに▲8七歩と打つ手と▲5八玉として▲8七歩打ちを保留する指し方の二つが大きな変化と思われます。

▲8七歩と打つと通常△8五飛▲2六飛と進行します。(8図)

(8図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_2
(7図以下▲8七歩△8五飛▲2六飛まで;8図)

△8五飛の所で△8四飛とすると、上の内藤流や中原流などの変化に合流します。8図からは後手は△4一玉として中原囲いの構築を行うのが一般的ですが、△5二玉型にする手も有り、その場合は次の「▲3六飛に△5二玉の形」の変化に合流します。

先手の方は、▲6八玉型と、▲5八玉▲3八金型、▲5八玉▲3八銀型、▲4八銀からの新山崎流が主な形です。また場合によっては▲3三角成△同桂▲7七桂の角交換桂跳ね型も様々な形で成立しそうです。(横歩取り△8五飛戦法参照)


もう一つの大きな変化は▲8七歩と打つ手を保留して▲5八玉と上がる手です。(9図)

(9図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_3
(7図以下▲5八玉まで;9図)

9図の先手の主な狙いとしては、なるべく▲8七歩と打たずに3枚ある歩を利用して後手陣を攻撃しようとする山崎流と、どこかの段階で▲8七歩と打ち△8五飛に対して▲3三角成△同桂▲7七桂と8五飛の形を咎めようという角交換桂跳ね型の指し方が有ります。

9図で後手は多くの場合は、△4一玉から中原囲いを目指しますが、ここでも△5二玉とする指し方も有り、やはり次の「▲3六飛に△5二玉の形」の変化に合流します。

9図で激しい変化を一旦避ける△8二飛の変化も有りますが、後でもう一度△8四飛などと飛車を浮くことが多いと思われます。


7図でその他の変化としては、▲9六歩~▲7五歩から先手がヒネリ飛車を目指す形や、▲8七歩△8五飛▲3三角成△同桂▲9六角を狙う形などが有ります。また7図で▲3八金や▲2六飛とする形も有り、ほとんどの場合は、上に述べた形に合流すると思われます。


▲3六飛に△5二玉の形(松尾流△5二玉型中原囲い)


(10図)
Yokofudori_MATSUO_ryu_Go-Ni_Gyoku_1
(2図以下△5二玉まで;10図)

この形では、後手は飛車を引く手を保留して△5二玉と上がります。この後の後手の主な狙いは△5二玉型の中原囲いを作り、先手の指し手次第では△4一玉として一手損してでも、普通の中原囲いに戻す余地を持たせる事です。

特に△8五飛型で、新山崎流などの3筋からの攻めに対抗するのが、大きな目的ですが、他の先手の攻撃型にも使われたり、△8四飛型とも組み合わされたりしています。さらには後手は中原囲いにせずに、内藤流と同じ玉型にする事もできます。

ここでは、先に△5二玉と上がる形を取り上げましたが、先に△2二銀とする8図や9図の形でも△5二玉と上がれば、この変化に合流します。


10図からは、▲8七歩△8五飛▲2六飛△2二銀(11図)と進行するか、▲5八玉(12図)と進行するかですが、それぞれ8図と9図から△5二玉と上がった形に合流すると思われます。

(11図)
Yokofudori_MATSUO_ryu_Go-Ni_Gyoku_2
(10図から▲8七歩△8五飛▲2六飛△2二銀まで;11図)

11図の形が、本来の松尾流△5二玉型の意図である、新山崎流を警戒した指し方になります。

この後は、先手が1筋の歩を伸ばして、▲1四歩△同歩▲1二歩△同香▲2一角の筋を狙ったり、▲5八玉としてから▲8七歩△8五飛に▲3三角成△同桂▲7七桂△8四飛▲7五歩と角交換桂跳ね型を狙ったりします。


(12図)
Yokofudori_MATSUO_ryu_Go-Ni_Gyoku_3
(10図から▲5八玉まで;12図)

12図は、△5二玉型中原囲いを、▲8七歩保留型に対して応用した形になります。


また、以上に全く出てこなかった変化として、後手が中住まい玉+金開きで△8五飛型に組む形も考えられます。


横歩取り青野流(▲3六飛保留)

今度は後手が△3三角と上がった時に、先手は▲3六飛と引く手を保留して▲5八玉と上がります。(13図)

(13図)
Yokofudori_AONO_ryu_1
(1図以下▲5八玉まで;13図)

13図で、後手は△4一玉、△2二銀、△5二玉などとして玉型を整備したり△8五飛と引いたりします。△7六飛と横歩を取り返す手は▲8四飛と回られて後手は不満です。

△4一玉や△2二銀に対して、先手が▲3六飛と引くと上記の普通の横歩取り△3三角型に戻ります。先手は▲3六飛と引かずに▲3六歩~▲3七桂と右桂を活用するのがこの形の主要な狙いになります。



参考文献

所司和晴 著;「定跡百科③横歩取りガイド
所司和晴 著;「定跡百科⑩横歩取りガイドⅡ
澤田多喜男 著;「続 横歩取りは生きている 上巻」
森下卓 著;「未来の定跡 8五飛戦法
深浦康市 著;「これが最前線だ!【最新定跡完全ガイド】」
深浦康市 著;「最前線物語
所司和晴 著;「将棋定跡最先端 居飛車編
所司和晴 著;「仕掛け大全 居飛車編
深浦康市 著;「最前線物語2
高橋道雄 著;「最新の8五飛戦法
村山慈明 著;「アマの知らない最新定跡
村山慈明 著;「ライバルに勝つ最新定跡
豊島将之 著;「豊島将之の定跡研究


  • 最終更新:2011-10-08 22:39:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード