横歩取り△8五飛戦法

横歩取り△8五飛戦法とは

横歩取り△8五飛戦法とは、横歩取り△3三角戦法の戦型の一つで、飛車を8五の位置に引き、玉を中原囲いに囲うのを目指す戦法です。中座真先生によって創始されたため、「中座飛車」という別名も有ります。


さらに(a)△8五飛を阻止するため、▲8七歩を保留するため8五飛型にならない戦型(山崎流など)や、(b)△5二玉型で▲8五飛と引く形(松尾流)も8五飛戦法に含めて解説される事が多いですが、このwikiでは別項で解説します。


通常初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛と先手が横歩を取った時に、△3三角▲3六飛△2二銀(1図)の局面から始まります。

(1図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_1
(初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△3三角▲3六飛△2二銀まで;1図)


1図では先手には大きく2つの方針が有ります。

1つ目は▲8七歩と打ち、△8五飛に▲2六飛(2図)から駒組みを進める形で、このページで解説していきます。

もう1つは▲8七歩を保留して、▲5八玉(や▲9六歩など)として戦う、山崎流、ヒネリ飛車、角交換桂跳ね型などの戦型になり、別項で解説します。


(2図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_2
(1図以下▲8七歩△8五飛▲2六飛まで;2図)

2図以降は、後手は△4一玉から中原囲いに玉を囲い、攻撃陣を作っていきます。代わりに△5二玉とすると松尾流△5二玉型の進行に合流します。

先手の方は、色々な形が有ります。大きく分けて▲6八玉型、▲5八玉▲3八銀型、▲5八玉▲3八金型、新山崎流となります。順番に見ていきます。


▲6八玉型


後手は2図から△4一玉と中原囲いの構築を始めますが、それに対して先手は▲6八玉と上がります。

さらに後手は△6二銀~△5一金~△7四歩と駒組みを進め、先手の方は▲3八銀~▲3六歩と陣形を発展させます。

(3図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_4
(2図以下△4一玉▲6八玉△6二銀▲3八銀△5一金▲3六歩△7四歩まで;3図)

横歩取り△8五飛戦法に対して▲6八玉型で対抗すると、多くの場合は多少の手順前後が有っても3図になりやすいと思われます。

なお、▲3八銀のところでは▲4八銀とする形も有るようですが、あまりメジャーではありません。

3図からは▲3七桂△7三桂▲4六歩と進行するのがメインの進行で以下△5五飛か△7五歩が主流です。

3図から▲3五歩は▲5八玉型で採用される事が多い指し方です。


▲5八玉▲3八銀型


後手は同じように中原囲いを作りますが、今度は先手は▲5八玉から▲3八銀と構えます。

(4図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_5
(2図以下△4一玉▲5八玉△6二銀▲3八銀△5一金▲3六歩△7四歩まで;4図)

4図は3図の▲6八玉が左に一路ずれた形です。玉が7筋の受けには参加できませんが、代わりに7筋を攻められた時に当たりが弱くなります。また5七を狙われた時に、6八銀などと守備の駒を増やす筋が有るのも3図との違いです。

4図からは、先手は▲3五歩、▲3七桂、▲3七銀などの指し方が有ります。


▲5八玉▲3八金型


今度も後手は同じように駒組みを進めますが、先手は▲5八玉から▲3八金と、中住まい玉+金開きに構えます。

(5図)
Yokofudori_CHUZA_ryu_6
(2図以下△4一玉▲5八玉△6二銀▲3八金△5一金まで;5図)

5図では、先手は▲4八銀と▲3六歩が多いと思われます。後手は何処かの段階で、△8六歩、△2五歩などから仕掛けると思われます。

他には5図から▲3三角成△同桂▲7七桂とする角交換桂跳ね型にする進行も有ります。

新山崎流


相変わらず、後手は同じように中原囲いを作るのですが、先手は居玉のままで▲4八銀から▲3六歩と右桂の活用を図ります。

この▲4八銀は非常に大事で、コレを入れずに▲3六歩と突くと、△8八角成▲同銀△1五角で準王手飛車になってしまいます。

後手が中原囲いを完成したところで、先手も▲3七桂までで攻撃陣を完成させます。

(6図)
Yokofudori_Shin_YAMASAKI_ryu_1
(2図以下△4一玉▲4八銀△6二銀▲3六歩△5一金▲3七桂まで;6図)

6図からは△7四歩とするか、△8六歩から仕掛けるかが多いと思われます。


角交換桂跳ね型(佐藤流)


2図の局面から△4一玉▲5八玉△6二銀と進行したところで、先手から角交換して左桂を跳ねます。後手は当たりになった飛車を△8四飛と引きます。(7図)

(7図)
Yokofudori_Kakukoukan_Keihane_gata_1
(2図以下△4一玉▲5八玉△6二銀▲3三角成△同桂▲7七角△8四飛まで;7図)

この角交換桂跳ね型は先手の形によっていろいろとバリエーションが有ります。先手が3六飛型や3八金型の場合も有ります。

7図以降は▲7五歩△5一金▲6八銀と進行します。先手は▲8六歩~▲8五歩と左辺から盛り上がるのが狙いなので、当初は△9四歩~△9三桂で対抗していたのですが、その後△3六歩や△5四角から後手が先に動く様になったようです。


その他

他にはごく初期に指されていた形ですが、2図からの△4一玉に▲3三角成△同桂▲9六角と8五飛型を咎めようとする指し方も有りました。正確に対応されると後手が有利になると言われています。


参考文献

森下卓 著;「未来の定跡 8五飛戦法
深浦康市 著;「これが最前線だ!【最新定跡完全ガイド】」
深浦康市 著;「最前線物語
所司和晴 著;「将棋定跡最先端 居飛車編
所司和晴 著;「仕掛け大全 居飛車編
深浦康市 著;「最前線物語2
高橋道雄 著;「最新の8五飛戦法
村山慈明 著;「アマの知らない最新定跡
村山慈明 著;「ライバルに勝つ最新定跡
豊島将之 著;「豊島将之の定跡研究


  • 最終更新:2011-10-08 20:55:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード