横歩取りとは

現在の横歩取り


相居飛車の将棋で、先手が2筋の歩を伸ばして飛車先の歩を交換し、そのまま飛車を引かずに、3四の歩を取る形から始まる将棋を、横歩取りと呼びます。(戦型の細かな分類については横歩取りを参照)

現在の標準的な横歩取りの将棋の始まりは、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩(1図)から始まります。

(1図)
Yokofudori_1
(初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩まで;1図)

1図からは互いに▲7八金△3二金と角頭を守った後、先手は2筋の歩を交換します。(2図)

(2図)
Yokofudori_2
(1図以下▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛まで;2図)

2図からは(a)△2三歩▲3四飛とする進行(3図)と、(b)△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛とする進行(4図)が有ります。

(3図)
Yokofudori_3
(2図以下△2三歩▲3四飛まで;3図)

3図からは通常△8八角成▲同銀△2五角と進行し、以下▲3二飛成か▲3六飛のどちらかになります。詳しくは横歩取り△2三歩型で解説します。

(4図)
Yokofudori_4
(2図以下△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛まで;4図)

4図以下は幾つもの指し方が有ります。(c)△3三角とする現在主流の指し方(横歩取り△3三角戦法;内藤流、中原流、中座流を含む)、(d)△3三桂の2つのややじっくりした指し方と、(e)△8八角成▲同銀以下急戦調の指し方に分かれます。

(e)はさらに、(e-1)△7六飛と取る相横歩取り、(e-2)横歩取り△4五角戦法、(e-3)△3三角と打つ指し方、(e-4)△3八歩と打つ指し方などが有ります。


(戦型の細かな分類については横歩取りを参照)

横歩取り模様からの変化

横歩取りは後手が誘導する戦型ですが、先手がこの戦型を嫌えば他の形になることも有ります。幾つかの手段が考えられますが、主に「(1)▲2五歩と伸ばすところで▲6六歩と角道を止めて矢倉模様にする」、「(2)▲3四飛と取らずに飛車を引いて相掛かり模様にする」、「(3)▲3四飛と取らずに一手待ち、後手に横歩を取らせる」の3つの手段がありそうです。




他のオープニングから横歩取りへの変化


主に角換わり模様と後手一手損角換わり模様から移行することがあると思われます。

角換わり模様のオープニングは主に▲7六歩△8四歩▲2六歩又は▲2六歩△8四歩▲7六歩(5図)から始まります。

(5図)
Kakugawari_1.jpg
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩または▲2六歩△8四歩▲7六歩まで;5図)

5図以降の進行で、後手が△8五歩▲7七角の交換を入れた後で△3四歩と角道を開くと角換わりになりますが、この交換を入れずに△3四歩とすると横歩取り模様になります。(一手損角換わりになる場合も有ります。)


後手一手損角換わりには幾つかの始まり方が有るのですが、特にポピュラーなのは、▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金(6図)からの始まりだと思います。

(6図)
Gote_Ittezon_Kakugawari_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金まで;6図)

6図から▲7八金△8四歩▲2五歩に後手が△8八角成とすれば、後手一手損角換わりになりますが、角を換えずに△8五歩と伸ばせば、やはり横歩取り模様になります。

また6図から▲2五歩△8四歩▲7八金△8五歩とする進行も有り、この場合は先手が▲7八金と上がらずに▲2四歩から2筋の交換をする変化も有ります。


横歩取りの歴史


相掛かりとは」のページでも解説したのですが、大橋宗英著「平手相懸定跡集」や大橋柳雪著「平手相懸定跡奥義」を見る限りは、元々は横歩取りは相掛かりの一部の変化と見なされていた様です。

もっと厳密に言うと、手持ちのデータベースでは、江戸時代には後手は2図から8筋交換型の方が△2三歩型よりも多く、横歩取りと横歩取らずの相懸りがほぼ同じくらいの割合の様です。

ところが明治になり、特に1900年代に入ると急に△2三歩型が増え、また横歩取らずの相懸りの方が主流になっています。

その傾向が昭和初期まで続き、木村義雄14世名人(など)がその△2三歩型に対して、横歩を取って勝ち、徐々に流れが変わったようです。

ただし、△2三歩型の横歩取りが先手良しという結論が十分に定跡化してきたのは、もっとずっと後の話で、昭和末期から平成始めに、森雞二先生の▲3二飛成~▲1六歩の指し方と、佐藤康光先生(?)の▲3六飛からの指し方が現れてから、だと思われます。

その後、8筋交換型でも横歩取らずの相懸りよりも、横歩取りの方がメインになったと思われるのですが、この時期には、居飛車党同士の対局では、初手から▲2六歩△8四歩の進行が増え以下、相掛かり角換わりの腰掛け銀になるのが戦後早期に主流となり、さらにしばらくして、大山康晴15世名人を中心に先手で矢倉を目指す▲7六歩△8四歩▲6八銀の指し方が増えたと思われ(昭和24年頃)、横歩取り自体が全体に下火になっていたと思われます。

その後も8筋交換型を中心に、後手で横歩を取らせる形が一部の棋士の間で模索され続けています。昭和40~50年代頃から、相横歩取りや、横歩取り△4五角戦法内藤流△3三角戦法、△3三桂戦法などが時折試されていましたが、あくまでスペシャリストの裏技みたいなもので、主流にはなっていませんでした。

中原先生が横歩取りの戦型で、中原囲いを導入したものの、やはり主流足りえてはいなかったのですが、中座流が現れて一気に横歩取りを取り巻く環境が大変化を遂げます。

中座飛車も初期には、否定的な意見も多かった様ですが、余りの後手勝率の高さに、参入する棋士が後を立ちませんでした。新山崎流の猛威に一旦は、流行も下火になり、後手一手損角換わりなどに、流行が移っていましたが、新山崎流に対しても耐性がつき、現在は第二時流行が続き、△5二玉型の中原囲いや、△8四飛型の見直しなど、戦型の幅がまた広がっているのが現状だと思われます。


参考文献

所司和晴 著;「定跡百科③横歩取りガイド
所司和晴 著;「定跡百科⑩横歩取りガイドⅡ
澤田多喜男 著;「横歩取りは生きている
澤田多喜男 著;「続 横歩取りは生きている 上巻」
澤田多喜男 著;「続 横歩取りは生きている 下巻」
森下卓 著;「未来の定跡 8五飛戦法
深浦康市 著;「これが最前線だ!【最新定跡完全ガイド】」
深浦康市 著;「最前線物語
所司和晴 著;「将棋定跡最先端 居飛車編
所司和晴 著;「仕掛け大全 居飛車編
深浦康市 著;「最前線物語2
高橋道雄 著;「最新の8五飛戦法
村山慈明 著;「アマの知らない最新定跡
村山慈明 著;「ライバルに勝つ最新定跡
豊島将之 著;「豊島将之の定跡研究





  • 最終更新:2011-10-08 21:09:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード