横歩取り模様からの変化

横歩取りは後手が誘導する戦型ですが、先手がこの戦型を嫌えば他の形になることも有ります。幾つかの手段が考えられますが、主に
  1. 「▲2五歩と伸ばすところで▲6六歩と角道を止めて矢倉模様にする」
  2. 「▲3四飛と取らずに飛車を引いて相掛かり模様にする」
  3. 「▲3四飛と取らずに一手待ち、後手に横歩を取らせる」
の3つの手段がありそうです。

(1)▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩に▲6六歩の横歩取り外し

主に矢倉を好む棋士が先手を持って横歩取りを避けたい場合に現れます。田中寅彦先生が特に多く採用されています。

(1図)
Yokofudori_hazushi_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩に▲6六歩まで;1図)

1図からは後手が△8五歩としなければ、先手は▲6八銀から自然に矢倉模様に誘導できます。ただしすでに飛車先を突いているため、飛車先不突きの形には出来ません。

通常は後手は横歩取りを目指していたわけですので、1図で後手が△8五歩と突いて▲7七角と上がらせて、自然に矢倉に組むのを邪魔することが多い様です。


(2)横歩を取らずに飛車を引く相掛かり


横歩取りのオープニングでの△2三歩型と8筋交換型の両方で、先手が▲2六飛と▲2八飛と引く形が考えられ、その組み合わせで4通りの形が考えられます。

(2図)
Yokofu_torazu_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛まで;2図)

(3図)
Yokofu_torazu_2
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛まで;3図)

(4図)
Yokofu_torazu_3
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲2八飛まで;4図)

(5図)
Yokofu_torazu_4
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲2六飛まで;5図)

このうち2図と3図の形は横歩取り△2三歩型から派生するのですが、その戦型自体が後手が悪いと言われているため、後手を持ってこの形に誘導するのは稀と考えられるので、現在ではあまり生じることが多く無いと思われます。

4図と5図はプロ棋士の対局でも時々出現しています。主にこの後は相掛かりになる事が多いと思われます。



(3)後手に横歩を取らせる形


先手が横歩を取らずに、わざと一手待ち後手に横歩を取らせようとする指し方です。この方針は後手が△2三歩と打つ形の場合は不可能なので、後手の8筋交換の形に限られます。先手も変な待ち方をすると、損になると思われ、実際は▲5八玉(6図)と▲9六歩(7図)と▲1六歩(8図)ぐらいだと思われます。(▲6九玉も有り得るか?;9図)

(6図)
Yokofu_torazu_5
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲5八玉まで;6図)

この形は先後逆で横歩取りになったばあいに先に玉を上がっていた計算になるという事です。また仮に▲8四飛と回った場合などに△9五角打ちの王手飛車の筋を消している意味も有ります。

(7図)
Yokofu_torazu_6
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲9六歩まで;7図)

この形は後に▲8四飛と回った場合に△9五角の王手飛車の筋を消しています。また△9五歩~△9二歩などの端攻めも一手早くなります。

(8図)
Yokofu_torazu_7
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲1六歩まで;8図)

この形は後の戦いで▲1七桂と跳ねる余地が出来ています。変化によってはこの事が有効に働きます。

(9図)
Yokofu_torazu_8
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲6九玉まで;9図)

この形は後手に横歩を取らせる方針で先に中原囲いを作り始めようという意味です。最も後手も横歩を取らずに飛車を引いて、相掛かりになる可能性も有ります。


  • 最終更新:2011-04-04 16:41:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード