相掛かりとは

現在の相掛かり


相居飛車の将棋で、角道を開ける前に互いに飛車先を伸ばして歩交換を狙う将棋を相掛かりと呼んでいます。(もともとの相掛かりの定義は恐らく違うのでこのページの後の方で解説します。)


現在の標準的な相掛かりの始まりは、▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩(1図)から始まります。

(1図)
Aigakari_1
(初手より▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩まで;1図)

1図以下の標準的な進行は▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩まで進んで、次に先手が▲2八飛(2図)か▲2六飛(3図)と飛車を引きます。

(2図)
Aigakari_Hikihisha_1
(1図以下▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛まで;2図)

2図の先手の飛車の位置を「引き飛車」といいます。この形からは主に先手は右銀を▲3八銀として、以下▲2七銀と繰り出していく棒銀(引き飛車棒銀)と、▲4六歩から▲4七銀~▲5六銀と進出する腰掛け銀が有力な指し方です。

昔は▲4八銀として▲5六歩~▲5七銀とする形(旧型相掛かり)も有りましたが現在では、あまり見かけることは無いと思われます。(▲5六歩と突くと角交換になった場合に△3九角と打たれる筋が出来るのを嫌うため。)


(3図)
Aigakari_Ukibisha_1
(1図以下▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛まで;3図)

3図の先手の飛車の位置を「浮き飛車」といいます。この形からは先手は飛車を7筋に展開するヒネリ飛車の狙いと、このまま2筋で飛車を使う形に大きく分かれます。

2筋で飛車を使う場合はさらに、銀を繰り出す形、▲2七銀とする縦歩棒銀(飛尻出棒銀)、▲3七銀とする中原流の▲3七銀戦法(相掛かり早繰り銀)、▲4七銀から▲5六銀とする腰掛け銀、▲3七桂と跳ねる中原流▲3七桂戦法(△8四飛型に対して有効)などの指し方が有ります。

この場合も▲5六歩~▲5七銀とする旧型相掛かりの指し方が有りますが、現在ではほとんど見られません。(▲2六飛型の場合の旧型相掛かりは▲3六歩や▲5八金などの後で▲5七銀と上がらないと、角交換から△3五角で飛車銀両取りがかかる場合が有るので注意が必要です。)


相掛かり模様からの変化


1図の形は相掛かり模様のオープニングですが、▲7八金△3二金以外の進行も考えられます。

(1)5手目から▲7六歩△3四歩の進行(4図)

初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩の進行と同じ形になります。

(4図)
Yokofudori_1
(1図以下▲7六歩△3四歩まで;4図)

4図から▲7八金△3二金とした後、▲2四歩△同歩▲同飛として、現在では通常は横歩取りになります。(参照;横歩取りとは)下で解説しますが、昭和初期までは横歩取りにせずに先手が▲2六飛か▲2八飛と引いて相掛かりになることの方が一般的でした。


(2)5手目から▲7六歩△3二金の進行(5図)

(5図)
Aigakari_henka_1
(1図以下▲7六歩△3二金まで;5図)

この進行は後手が横歩取りを避けた場合に生じます。5図以下は▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀以下旧型の角換わりにするか、▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛以下相掛かりにするかが一般的な進行と思われます。

ただし、相掛かりにするつもりなら▲7六歩として、わざわざ後手に8筋の歩交換をさせるのは一般的には得とは思えず、先手がヒネリ飛車を含む先手浮き飛車の形に誘導したい場合などに有効でないかと思います。


他の形から相掛かりへの変化


最も多いのが横歩を取らずに、飛車を引く形だと思われます。横歩取り模様からの変化(2)横歩を取らずに飛車を引く相掛かりを参照して下さい。

他には、矢倉で先手後手とも2枚銀急戦矢倉にして、2筋と8筋の飛車先交換をすると、旧型相掛かりの形に合流します。


ゴキゲン中飛車拒否の▲7六歩△3四歩▲6八玉に後手が△8四歩と居飛車にした場合も変形の相掛かりになりそうです。

概ね、相居飛車で少なくとも先手後手のどちらかが飛車先を交換したような形は変形の相掛かりになりそうです。


相掛かりの歴史

江戸期から昭和初期までの相掛かりのオープニング


江戸時代の棋譜を見るとほとんど全ての平手の対局が▲7六歩△3四歩から始まっています。この後3手目に先手は多くは▲2六歩と突きます。4手目には△4四歩が最も多いのですが、一部は△8四歩と突き、以下▲2五歩△8五歩で4図の局面になります。

明治以降は、初手から▲7六歩△8四歩の進行や、初手▲2六歩からの進行も徐々に一般的になっていきます。

(再掲4図)
Yokofudori_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩まで;4図)

4図から▲2四歩△同歩▲同飛に(a)△2三歩と(b)△8六歩▲同歩△同飛の進行があり、現在ではどちらも▲3四飛と歩を取って、横歩取りの進行になるのが一般的だと思われます。(参照;横歩取りとは

しかし、昭和初期までは横歩を取ると、手損のために出遅れると考えられていたらしく、▲3四飛と取るところで、▲2六飛や▲2八飛と引くのが一般的だった様です。(▲2四飛→▲2八飛と比べて横歩を取ると、▲2四飛→▲3四飛→▲3六飛→▲2六飛→▲2八飛で歩を一枚取るのに3手損するのは割に合わないと考えられたようです。)

大橋宗英著「平手相懸定跡集」や大橋柳雪著「平手相懸定跡奥義」には、相懸り(現代では相掛かりと表記する事が多い)の中で、横歩を取らせない変化として、旧型相懸り旧型角換わりが含まれていたり、相懸り横歩取りと表記されている戦法(今で言う横歩取り)が含まれています。

この事からは、江戸~昭和初期の「相懸り」の意味する範囲は現代の「相掛かり」とは少しズレているみたいです。

相掛かりで検索してみると、剣道の稽古で「相掛かり稽古」というのが有り、互いに攻め合う練習方法だということだそうです。その事から類推すると、互いに飛車先の歩を▲2五歩△8五歩と伸ばして、相手の角頭に攻め掛かる戦型を「相懸り」と呼んでいたと思われます。

そう考えると、現代の「相掛かり」の意味する範囲以外に、旧型角換わり横歩取りも相懸りの本に含まれている事が、納得しやすいと思われます。


  • 最終更新:2011-10-06 12:23:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード