相横歩取り

相横歩取りとは

相横歩取りとは、横歩取りの戦型の一つで、先手だけでなく後手も横歩をとる形です。

通常は初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛と先手が横歩を取った時に、△8八角成▲同銀△7六飛(1図)と後手も横歩を取り返します。

(1図)
Ai_Yokofudori_1
(初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△8八角成▲同銀△7六飛まで;1図)

1図までの手順で、△8八角成のところ、単に△7六飛とすると▲2二角成とされて、銀で取っても金で取っても先手に龍を作られるので注意。以下は△3三歩▲3二馬△3四歩▲3一馬で二枚換えが最善の応手でしょうか?後手が明らかに損と思います。

1図の局面では、この瞬間△7六飛が7八の金取りになっているので、これを受けなくてはいけません。ここでは▲7七銀が最も実戦例も多く自然な手ですが、他にも▲7七桂や▲7七歩という変化も有ります。


相横歩取り▲7七銀型


1図から▲7七銀と上がり7八の金取りを受けながら銀を活用する最も自然な手で有ると思われます。後手は飛車を△7四飛と逃げます。(2図)

(2図)
Ai_Yokofudori_Nana-Nana_Gin_gata_1
(1図以下▲7七銀△7四飛まで;2図)

2図では互いの飛車が当たっています。ここからは先手には二つの指し方が有ります。一つ目は、▲同飛△同歩(3図)と角に続いて飛車も交換する形で、この進行が相横歩取りの定跡のメインの進行に当たります。

(3図)
Ai_Yokofudori_Nana-Nana_Gin_gata_2
(2図以下▲7四同飛△同歩まで;3図)

もう一つの進行は、2図で先手は飛車交換せずに▲3六飛とする手(4図)です。こちらの変化は、飛車角総交換の激しい変化を避けて、相掛かり調のやや穏やかな進行にしようという意図です。

(4図)
Ai_Yokofudori_Nana-Nana_Gin_gata_3
(2図以下▲3六飛まで;4図)





相横歩取り▲7七桂型

相横歩取り▲7七歩型




  • 最終更新:2011-06-20 16:19:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード