相矢倉

現在の相矢倉

現在の相矢倉は、主に新矢倉24手組みの形(類似型を含む)から互いに矢倉囲いを構築して(またはその途中で)戦う戦型を指します。

(1図)
Yagura_2
(初手より▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5六歩△5四歩▲4八銀△4二銀▲5八金右△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△7四歩▲6七金右△5二金▲7七銀△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩まで;2図)

なお、1図の形以外に先手が▲2六歩と突く旧型の矢倉24手組みになる形や、さらに古く▲4六歩や△6四歩と突く形の持久戦も相矢倉になります。


1図以降、主として▲6八角と上がる森下システムと▲3七銀と上がる形とに分かれます。

▲3七銀型に対しては後手が△6四角として、3筋交換を牽制する指し方が現在の主流で、以下玉を囲いあった後、すぐに▲4六銀と上がって攻撃陣形を作る▲4六銀▲3七桂戦法と、▲2六歩から後手の形を見ながら攻撃を作る加藤流に分かれます。

なお矢倉囲いを作る前に、攻撃陣を作って戦いを始める形を急戦矢倉と言います。



相矢倉

▲3七銀戦法(△6四角型)

加藤流

▲4六銀▲3七桂戦法

▲6五歩急戦


▲3七銀戦法(その他の形)

△4三金型vs3筋交換型

△8五歩型

脇システム


森下システム

後手棒銀

後手4手角

後手△4三金右△7三銀型

後手スズメ刺し(△5二金型)

後手△4三金右△9五歩型


その他の相矢倉

▲3五歩型(▲3七銀保留型)



矢倉24手組の旧型相矢倉

先手スズメ刺し

▲2九飛戦法

3筋・7筋交換型


その他の相矢倉

腰掛け銀型



  • 最終更新:2014-04-14 03:59:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード