矢倉▲3七銀戦法

矢倉▲3七銀戦法とは


ここでは新矢倉24手組みの形から▲3七銀と上がった形を指します。旧型の矢倉24手組みから派生する形はここでは触れません。

(1図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_1
(初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5六歩△5四歩▲4八銀△4二銀▲5八金右△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△7四歩▲6七金右△5二金▲7七銀△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩▲3七銀まで;1図)


ここまでの手順は、矢倉とは新矢倉24手組みを参照してください。


1図では、△4三金右、△6四角、△8五歩などが有ります。


△4三金右の変化


(2図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_2
(1図以下△4三金右まで;2図)

他の展開も有りうるのですが、2図では▲3五歩から先手が局面をリードすることが出来ると考えられています。

以下△3五同歩▲同角△4五歩▲6八角△5三銀▲4六歩△4四銀右▲4八飛とします。


△8五歩の変化


(3図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_3
(1図以下△8五歩まで;3図)

この△8五歩は△4三金右を保留することによって、▲3五歩に同歩と取らずに▲3四歩と取り込まれても、△同銀として4三に銀を引くことが出来るという意味です。

3図では、先手は▲3五歩、▲4六銀、▲6八角などが考えられます。


△6四角の変化


(4図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_4
(1図以下△6四角まで;4図)

この△6四角は先手の▲3五歩からの交換を直接防いでいる手です。▲3七銀に対して最も多い応手です。

もし△6四角に対しても▲3五歩と突けば、△同歩▲同角△3六歩と反撃されて、先手は駒損になってしまいます。


△6四角に対しては、▲6五歩と角を追い払ってから仕掛ける手順や▲4六角とぶつける脇システムの指し方もありますが、▲6八角から矢倉囲いに入城する展開が主流です。


△6四角に▲6五歩の変化

(5図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_5
(4図以下▲6五歩△4二角まで;5図)

先手は▲6五歩と突いて、後手の角を引かせます。

ここで、先手からは▲5五歩か▲3五歩と突いて戦いが始まります。


△6四角に▲4六角の変化


(6図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_7
(4図以下▲4六角まで;6図)

後手の△6四角に▲4六角と角をぶつけた形です。この形は昔の矢倉24手組みの時代から有りましたが、近年になり脇謙二先生が集中的に指して発達し、著書を出された時に「脇システム」と名付けられました。

現在ではオリジナルの脇システムとはやや異なる展開もある様です。

△6四角に▲6八角の変化


(7図)
Yagura_San-Nana_Gin_senpou_6
(4図以下▲6八角△4三金右▲7九玉△3一玉▲8八玉△2二玉まで;6図)

昔は△2二玉と入らずに△8五歩とする手も有ったのですが、この後すぐに▲4六銀と出る手に△4五歩から銀を押し戻す筋に先手の対応策が確立してからは、指されなくなっていると思います。

そこで7図までのように、互いに自然に玉を矢倉囲いに入城させます。


7図からは、▲4六銀とする手と▲1六歩とする手が主流です。それぞれ、▲4六銀▲3七桂戦法加藤流と呼ばれます。


▲4六銀▲3七桂戦法
7図以降▲4六銀から先手は▲3七桂として攻撃陣を完成します。この際に昔は△4五歩から銀を押し返していたのですが、先手に対応策が確立したため現在はこの進行は通常プロの対局では見かけないと思います。

(8図)
Yon-Roku_Gin_San-Nana_Kei_senpou_1
(7図以下▲4六銀△5三銀▲3七桂△7三角▲1六歩△1四歩▲2六歩△2四銀▲3八飛△9四歩▲1八香まで;8図)

現在では主に8図の形に進行し△8五歩と伸ばすか、△9五歩と伸ばすかのいずれかが選ばれることが多いと思われます。


加藤流
7図以降▲1六歩からは先手は▲2六歩として、後手の応手を見ながら駒組みを進行させていきます。結局は昔の矢倉24手組み時代の▲3七銀戦法の変化と似た様な進行になることも多いです。

(9図)
Yagura_KATO_ryu_1
(7図以下▲1六歩△9四歩▲2六歩まで;9図)

9図からは、後手は「△8五歩~△7三銀とする指し方」、「△5三銀~△8五歩とする指し方」、「△5三銀~△9五歩とする指し方」などが有り、先手は後手の形を見ながら陣形を発展させていきます。



  • 最終更新:2011-10-08 08:55:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード