矢倉24手組み

矢倉24手組みとは


飛車先不突矢倉が普及する前に、主流であった先手が飛車先を▲2六歩と一つだけ突いて駒組みを進める形での、基本形です。(1図)

(1図)
Yagura_11
(初手より▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀△6二銀▲2六歩△4二銀▲4八銀△5四歩▲5六歩△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△5二金▲3六歩△4四歩▲5八金右△3三銀▲7九角△3一角▲6六歩△7四歩まで;1図)


1図までの手順については、「矢倉24手組みの組み方」を参照してください。


ここでは、1図以下の手順について解説していきます。

戦型としては、▲3七桂型、▲3七銀型、4手角などを目指しますが、実際の手順としては、1図では主に▲1六歩か▲6七金右が有力だと思われます。


1図以下▲1六歩の進行


(2図)
Yagura_nijuyontegumi_1
(1図以下▲1六歩まで;2図)

この▲1六歩はスズメ刺しなどの、端を狙った攻撃陣を作る狙いがあります。


1図で後手が△1四歩と受ければ▲3七銀からの棒銀の端攻めを狙います。この形はその昔、山田道美先生(昭45年没)が得意とされていたそうです。

棒銀での端攻めで簡単に後手が悪そうですが、それ程簡単では無いようです。


1図で端を受けずに△4三金右とすれば、すかさず▲1五歩と伸ばして、▲3七桂と跳ねるスズメ刺しの形を目指します。

その後は後手は△4二角や△6四角、△7三銀などから駒組みを進めます。


1図で後手が端歩を受ければ▲3七銀、受けなければ▲3七桂を目指すので、今度は後手が先に△6四角と上がって▲3七銀か▲3七桂か決めさせる手もあります。

この場合は、▲3七桂なら△1四歩と受け、▲3七銀なら1筋は受けないという風にするわけです。


さらに1図では後手も△9四歩とスズメ刺しか、△6三銀型を目指す進行も有ります。


1図以下▲6七金右の進行


(3図)
Yagura_nijuyontegumi_2
(1図以下▲6七金右まで;3図)

今度は先手は矢倉囲いを構築しつつ中央を厚くします。この後、後手はほとんどの場合△4三金右と追随すると思われます。

一応△4三金右以外に、△9四歩、△6四角、△7三銀なども考えられますが、先に形を決めてしまい、なおかつどうせほとんどの場合は後で△4三金右が必要になると思われます。そのため、ここでは形を決めずに追随した方が良いと考えます。


△4三金右の後は、先手は▲1六歩、▲3七銀、▲4六角、▲6八角などが考えられます。


▲1六歩は2図と同じく、端からの攻めを目指した形ですが、▲6七金右と上がったため、玉を囲わずに直ぐに攻める筋がなくなっており、この形を活かした戦い方をする必要が有ります。


▲3七銀は、棒銀や3筋交換、▲4六銀▲3七桂戦法を目指した形です。後手は△6四角や△7三銀、△5三銀などの指し方が有ります。△6四角とした形はほぼ加藤流の変化になります。


▲4六角は4手角を目指す指し方で、先手で指すのはやや消極的かもしれません。この角が8二の飛車の当たりになっており、後手は△6四角か△7三銀、△7三桂と指すと思われます。


▲6八角は森下システムとほぼ同じような狙いと考えられますが、こう指すなら飛車先不突きで、森下システムの形にした方が良いと思われます。



  • 最終更新:2011-09-28 13:46:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード