矢倉24手組みの組み方

矢倉24手組み


飛車先不突矢倉が普及する前に、主流であった先手が飛車先を▲2六歩と一つだけ突いて駒組みを進める形での、基本形です。

(矢倉24手組みに組んだ後の指し手は矢倉24手組みを参照にしてください。)

この形が流行っていた時代は、矢倉は通常▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀(1図)から始まります。

(1図)
Yagura_3
(初手より▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀まで;1図)


1図からは△8五歩と伸ばしても、あまり有効な攻めが無いにもかかわらず、形を決め過ぎてしまい後で桂を跳ねる筋が無くなるため、通常は△6二銀と上がります。

△6二銀に対して▲5六歩から飛車先を突かずに駒組みを進めると飛車先不突矢倉になります。(5手目▲7七銀型の飛車先不突き矢倉参照)

ここでは△6二銀に▲2六歩(2図)と突く古い形の矢倉を見ていきます。現代でも加藤一二三先生はこの形を指しておられます。

(2図)
Yagura_8
(1図以下△6二銀▲2六歩まで;2図)

▲2六歩に対しては後手は△4二銀と上がります。▲2五歩と伸ばされた時に△3三銀と銀を上がって受けられるようにです。

ここで△3二金だと▲2五歩△3三角から先手に引き角での2筋交換を狙われる筋があり、後手は余計な変化への対応を準備する必要が出てきます。

△4二銀の後は▲4八銀△5四歩▲5六歩△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△5二金(3図)と自然な駒組みが進むと思われます。

(3図)
Yagura_9
(2図以下△4二銀▲4八銀△5四歩▲5六歩△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△5二金まで;3図)

この手順中で多少の手順前後は可能ですが、概ね銀が上がってから金が上がるのがポイントです。

3図からは直ぐに▲3六歩と突くか後回しにして矢倉囲いを作るかで微妙な手順の違いがあります。


(A)直ぐに▲3六歩と突く場合


3図で▲3六歩と突いた場合には、後手は△3三銀を後回しにした方が望ましいと思われます。

もし▲3六歩に△3三銀の場合、▲4六歩から矢倉中飛車にされる筋が意外に有力になります。▲4六歩には△4四歩と突かないと▲4五歩と位を取られると後手は矢倉囲いに組みにくくなります。(大山・升田両先生の若い時代にそういう実戦譜があります。)

そこで▲4六歩に△4四歩として▲4七銀△4三金右▲5八飛と駒組みが進むと、後手は一旦上がった3三の銀をもう一度△4二銀と引くのが矢倉を受けやすい形になります。

そこで▲3六歩には△4四歩がベターだと考えられます。なおこの件は、昔の将棋世界に連載されていた「矢倉中飛車の美学」という講座に書かれていたと記憶しています。

△4四歩にはおとなしく▲5八金と上がり、後手はそれを確認してから△3三銀と上がります。


(4図)
Yagura_10
(3図以下▲3六歩△4四歩▲5八金右△3三銀まで;4図)

4図では後手からは急戦の筋がなくなりました。以下▲7九角△3一角▲6六歩△7四歩(5図)の局面がいわゆる、矢倉24手組みと呼ばれる局面になります。

(5図)
Yagura_11
(4図以下▲7九角△3一角▲6六歩△7四歩まで;5図)


▲3六歩を後回しににする順


今度は3図から▲5八金と上がってみます。その場合は先手に矢倉中飛車が無いので、△3三銀と上がって問題ありません。

さらに▲7九角△3一角▲3六歩△7四歩▲6六歩△4四歩で同じく5図の局面になります。




  • 最終更新:2011-09-28 13:25:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード