角換わりとは

現在の角換わり


相居飛車の将棋で序盤の早い段階で角交換する戦型を角換わりと呼びます。

後手が△4四歩と角道を止めて、先手が引き角にして2筋で角と歩を交換し、後手が銀冠菊水矢倉を目指す形は通常は角換わりとは呼びません。


現在の標準的な角換わりの始まりは、▲7六歩△8四歩▲2六歩または▲2六歩△8四歩▲7六歩(1図)から始まります。

(1図)
Kakugawari_1.jpg
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩または▲2六歩△8四歩▲7六歩まで;1図)


1図から△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△4二銀(2図)の進行が標準的な指し方だと思われます。△3二金の所で△8五歩として手順前後したり、△3二金▲7八金の2手を入れずに駒組みを進める指し方も有ります。

(2図)
Kakugawari_2.jpg
(1図以下△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△4二銀まで;2図)

△3二金の所で△8五歩として手順前後したり、△3二金▲7八金の2手を入れずに駒組みを進める指し方も有ります。(基本的には△3四歩の前に△8五歩▲7七角の交換を入れることです)


なお後手が△8五歩を入れずに、△3四歩と角道を開けると横歩取りか一手損角換わりのオープニングになります。

この一手損角換わりと区別して、普通の角換わりの事を、「正調角換わり」とか「0手損角換わり」などと呼ぶことが有ります。

(普通の角換わりは△3四歩と突く前に△8五歩▲7七角の交換を入れた状態で角交換することだと言っていいかもしれません。)


通常は2図以降、先手が腰掛け銀の形を目指すのが普通ですが、棒銀や早繰り銀を目指すことも考えられます。

角換わり棒銀
角換わり早繰り銀
角換わり右玉


旧型角換わり


谷川先生が2筋の歩を▲2六歩で保留する形の角換わり腰掛け銀を多用する以前は、角換わりの戦型では角交換の前に▲2五歩と伸ばす形が普通でした。


1図以下△8五歩に▲2五歩とここですぐに2筋の歩を伸ばすのがこの形の始まりの一つです。▲2五歩に△3四歩とすると横歩取りになりますが、△3二金と上がり▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲2二銀(3図)というのが古い形の角換わりになります。

(3図)
Kakugawari_3
(1図以下△8五歩▲2五歩△3二金▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲2二銀まで;3図)


他にも3図に至る手順は、相掛かり模様の▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩から変化して、▲7六歩△3二金▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀というものも有ります。


(こちらも基本的には△3四歩の前に△8五歩▲7七角の交換を入れるのが重要です。)


0手損角換わりのその他のバリエーション


手損の無い角換わりになるためには、角交換をされる側が一手損をすればいいことになります。

上に挙げた2つの場合はともに先手が▲7七角と上がる一手と、後手から△7七角成とする一手が相殺されて手損が無くなっています。

他に手損が無くなる場合としては、「先手が▲2五歩と伸ばして△3三角とさせた後で、▲7六歩~▲3三角成とする進行(4図)」や「△8五歩▲7七角の交換を入れた後で、△4二銀に対して▲2二角成△同金となる進行(5図)」などが考えられます。

(4図)
Kakugawari_r1
(初手より▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二銀▲3三角成△同銀まで;4図)

4図の形は手数は損得無いのですが、先手が▲2五歩まで伸ばす2手が後手は△3三銀まで上がる2手と交換になっています。このように先手のみが飛車先の形を決めてしまっているのに対して、後手はその2手を陣形の整備に回せます。

先手が棒銀や早繰り銀に出た場合は、後手は△8五歩まで伸ばして通常の形に戻す事も出来ますし、飛車先を保留したままで一手損角換わりよりも一手多く指して受けに回ることもできます。

また先手が腰掛け銀にしてきた時も、先手は▲2五桂の筋が無いのに対して、後手は飛車先不突きのまま△8四角と打ったり、△8五桂と跳ねたりする筋が残っています。

さらに6手目に△2二銀以外にも△3二銀や△4二銀、△2二飛などの選択肢が有り、先手が形を決めてしまっている割に後手に選択肢が多く残されています。

この様に先手は形を決めてしまっているのに、後手に選択肢が多いので通常は、先手が損だと考えられ、4図の様な形はプロ間ではあまり指されていないと思われますが、形勢自体は互角に近いと思われます。


(5図)
Kakugawari_v1
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△4二銀▲2二角成△同金▲7七銀まで;5図)

こちらの形は4図と違って時々実戦で見かけます。この瞬間は後手が一手得になっていますが、後で2二の金を△3二金と戻すことになり、通常の形に戻ります。(5図ですぐに△3二金とすると2図になります。)

後手の主張としては2二の金がこの瞬間は端に近いので、先手が棒銀で攻めて来る進行を牽制している意味が有ります。


角換わり模様からの変化


角換わり(正調、0手損)は現在主に1図から始まります。

(再掲1図)
Kakugawari_1.jpg
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩または▲2六歩△8四歩▲7六歩まで;1図)

ここから普通の角換わりに進行するための条件の一つは、「後手が△3四歩と角道を開く前に△8五歩と▲7七角の交換を入れる」と言う事です。

そのため、1図になったとしても、後手が角換わりを嫌えば△8五歩▲7七角の交換を入れずに△3四歩と角道を開けば、横歩取り模様か後手一手損角換わり模様に変化することが出来ます

そのタイミングは2回有り、1図から直ぐに4手目△3四歩と、1図から△3二金▲7八金△3四歩の2回です。

なお、1図から△3二金▲7八金にさらに△7二銀や△6二銀ともう一手待てば▲2五歩と伸ばされたときに、以下△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀以下角換わりになると、以下△2二銀に▲2四歩△同歩▲同飛で先手に2筋の歩を交換されて損だと思われます。以下△3五角には▲3四飛が角金両取り、△3三角には▲2八飛で何でも無いので、後手の切り返しも利きません。(△8五歩の所△3四歩でも先手は2筋の歩交換が出来ます。)


もう一つの、1図以降で後手が角換わりを拒否する方法は、「角を交換せずに角道を止める」もので、その手順は1図以下△8五歩▲7七角△3二金▲7八金△3四歩▲8八銀に△7七角成とせずに、△4四歩(参考図)と角道を止める進行です。

(参考図)
Kakugawari_hazushi_1
(1図以下△8五歩▲7七角△3二金▲7八金△3四歩▲8八銀△4四歩まで;参考図)

参考図の形は、プロの実戦でも稀に見かけることが有りますが、一般的には余り有力とは考えられていないようです。

この様に、後手が角換わりを嫌って変化するのは、この角換わりの戦型では先手の勝率が高いからで、さらに進んで2手目の△8四歩自体を避けて、2手目に△3四歩と突く実戦が多くなっています。(2手目△8四歩問題)

  • 最終更新:2011-09-07 12:09:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード