角換わり腰掛け銀

角換わり腰掛け銀とは

角換わり腰掛け銀とは、相居飛車の角換わりの戦型で、右銀を、▲5六銀(△5四銀)と歩の上に進める駒組みの事を言います。

なお、一手損角換わりにも、腰掛け銀の陣形に組むことは頻繁に有りますが、通常は「角換わり腰掛け銀」と呼ぶときは手損の無い形の事を指す場合がほとんどと思われます。

現在の角換わり腰掛け銀は主に1図の形から始まります。

(1図)
Kakugawari_4
(初手より▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△4二銀▲3八銀△7二銀まで;1図)

1図から▲4六歩と突くのがもっともシンプルな腰掛け銀の出だしです。

ただし、単に▲4六歩と突くと、後手に△8三銀から棒銀に出る筋があるので、▲9六歩、▲1六歩、▲3六歩などと一手様子を見てから、▲4六歩と突く展開もよく見られます。

この項では、やや単純化するために、▲9六歩△9四歩▲1六歩△1四歩と端の歩を全部突き合ってから駒組みを進める順のみ見ていきます。

いずれにしてもこの端歩を突くのは、後手からの棒銀を牽制している意味があります。

端歩を突き合った後、▲4六歩△6四歩から互いに腰掛け銀の形に組んでいきます。一例として▲4七銀△6三銀▲5八金△5二金▲6八玉△4一玉▲5六銀△5四銀▲7九玉△3一玉(2図)といった進行が考えられます。

ここでは1筋を突き合って▲5八金から組む順を挙げましたが、右金の移動を後回しにして、▲6八玉を先に入れたり、1筋の端歩の突き合いは後で入れたりする展開の方が頻繁に見られます。

(2図)
Kakugawari_Koshikakegin_1
(1図以下▲9六歩△9四歩▲1六歩△1四歩▲4六歩△6四歩▲4七銀△6三銀▲5八金△5二金▲6八玉△4一玉▲5六銀△5四銀▲7九玉△3一玉まで;2図)

2図からは主に後手の選択で、大きく3つの戦型に分かれます。


2図以下の進行1;角換わり腰掛け銀同型

一つ目はいわゆる、角換わり腰掛け銀同型の変化です。

(3図)
Kakugawari_Koshikakegin_2
(2図以下▲3六歩△4四歩▲3七桂△7四歩▲6六歩△7三桂▲2五歩△3三銀まで;3図)

この形は古くは升田定跡と呼ばれた仕掛けが有りましたが、その手順は現在では後手が良くなるで、今は手順が修正されています。

その修正手順もさらに、後手の工夫などがあり、歩の突き捨ての順序が修正されています。

なお、3図から▲8八玉△2二玉となった局面からは木村定跡という、先手必勝の仕掛けが有るのですが、▲8八玉には後手は玉を入城せずに、△6五歩から仕掛けて後手優勢になるので、先手も▲8八玉とはせずに▲4五歩から仕掛けることになります。



2図以下の進行2;後手△7三桂保留△3三銀早上がり型


次は後手が早めに△3三銀と上がるので、先手が▲2五歩を保留して▲4八飛と回る形です。

(4図)
Kakugawari_Koshikakegin_3
(2図以下▲3六歩△4四歩▲3七桂△7四歩▲6六歩△△3三銀▲4八飛△4二金右▲8八玉△2二玉まで;4図)

この形は、以前角換わり腰掛け銀の第2次流行が始まった頃に指されて、▲2八角~▲2五桂の仕掛けで先手が良いと言われていたのですが、後手にも△7五歩~△8四飛という対抗策が発見され、また指されるようになりました。


2図以下の進行3;後手△6五歩型


3つ目は後手が△7四歩を保留して△6五歩と伸ばして、△6四角打ちなどの筋を見せながら受け身に立つ指し方です。

(5図)
Kakugawari_Koshikakegin_4
(2図以下▲3六歩△3三銀▲3七桂△6五歩▲8八玉△4四歩まで;5図)

5図からは、先手は(1)▲1七香~▲1八飛とスズメ刺しの形を作る展開、(2)▲2五歩~▲4八金から飛車の上下移動を繰り返し後手陣に隙ができるを待って▲4五歩と仕掛けようとする展開などが有ります。


参考サイト
将棋序盤戦略ノート;角換わり 角換わり腰掛け銀 後手△6五歩型




  • 最終更新:2011-10-12 14:13:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード