超速▲3七銀戦法とは

超速▲3七銀戦法とは、先手のゴキゲン中飛車に対する先手の作戦の一つです。


初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角に▲3六歩△6二玉▲3七銀(下図)が超速▲3七銀戦法の代表的な始まりです。

start37gin.png


超速▲3七銀戦法という名称が初めて現れたのは、恐らく将棋世界2010年5月号の勝又教授の突き抜ける現代将棋だと思います。


ここから先手は▲4六銀としますが、後手の対応により先手もいろいろな形にします。


なお、図までの進行の途中でも変化が有ります。

  • 最終更新:2011-03-02 22:25:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード