5手目▲7七銀型の飛車先不突き矢倉

ここでは、▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀(1図)から始まる、矢倉について解説します。

(1図)
Yagura_3
(初手より▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀まで;1図)

1図は5手目に▲7七銀と上がった形の矢倉の始まりです。
なお、「矢倉とは」で触れたように、現在は5手目は▲7七銀では無く、▲6六歩から組む矢倉の方が一般的になっています。

1図では、後手は△6二銀から矢倉の戦型を受けて立つのが一般的ですが、△3五歩や△4二銀からの陽動振り飛車、△8五歩からの青野流の棒銀の速攻などもあります。

6手目の△6二銀には、先手は▲5六歩(2図)から矢倉囲いの構築を進めます。ここで▲2六歩と突くと、更に古い形の矢倉になり、(旧)矢倉24手組や、大山矢倉(腰掛け銀型)などになりそうです。(矢倉24手組みの組み方参照)


(2図)
Yagura_4
(1図以下△6二銀▲5六歩まで;2図)

なお、この▲5六歩の所で▲4八銀を先にすると、△8五歩~△7四歩~△7三銀から8筋を攻められると、角を攻撃目標にされて、受け身の展開となり、先手が不満だと思われます。

2図からは△5四歩▲4八銀(3図)と進むのが一般的です。

(3図)
Yagura_5
(2図以下△5四歩▲4八銀まで;3図)

先手後手とも着々と矢倉の陣形を構築していきます。ここで後手は、△4二銀から駒組みを進めるのが一般的ですが、「△5二金などとして早囲いを目指す手」や、「△3二銀~△3一角などとして玉を囲う前に、引き角から7筋の歩交換を目指す手」などもあります。

後手が早囲いを目指した場合は、先手も早囲い囲いにすると、わずかに先手がリードが定説では無いかと思います。

また後手が引き角で7筋交換を目指す場合は、やはり先手も同じように▲7九角で3筋の歩交換と▲6五歩からの盛り上がりの筋が有り、そう簡単に後手がリードはできないと思われます。(後手のこの形は先手が5手目▲6六歩型の場合の方が、引き角を使うのに、▲7七銀の一手が必要となるので、有効と思われます。)


3図からは△4二銀▲5八金右(4図)と先手は早囲い模様となります。ここでは、▲7八金から駒組みを進めることも可能です。

(4図)
Yagura_6
(3図以下△4二銀▲5八金右まで;4図)

ここからは主に△3二金と指されます。後手も△5二金右から早囲いを目指した場合は、やはり先手がわずかにリードしやすいと思われます。

△3二金には▲6六歩と駒組みを進め、以下△4一玉▲6七金と組んでいきます。ここで△7四歩(5図)が大事な一手になります。

(5図)
Yagura_7
(4図以下△3二金▲6六歩△4一玉▲6七金△7四歩まで;5図)

5図までの手順では、先手の変化はせいぜい▲7八金の方を先に上がるくらいと思います。

後手の方は、△4一玉のところで、△7四歩~△6四歩~△6三銀から右玉か、右玉型の矢倉中飛車にする展開が考えられます。

また、△7四歩の所で、△6四歩~△6三銀~△5二飛とする矢倉中飛車も有りそうです。

これが一番大事なところですが、△7四歩の所で、△5二金とすると、先手は▲7九角から早囲いを目指します。これは、△5二金により△5二飛と回る、矢倉中飛車の筋が無くなったからです。

(6図)
Yagura_2
(5図以下▲7八金△5二金▲6九玉△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩まで;6図)

△7四歩と急戦の構えを残したまま待たれているので、先手は早囲いを諦めて、▲7八金と固めます。

コレに対して後手も急戦にこだわらず△5二金から矢倉囲いの構築を進めます。ここで△6四歩や△5三銀右から急戦矢倉に組む順も有ります。

もし後手が急戦矢倉にしたときには先手は展開によって、▲6八銀(左)と引いて戦う筋が有り、後からそう引くのなら、初めから▲7七銀を保留して▲6八銀型で駒組みを進めた方が2手得になるので良いのではという考えから、現在では5手目に▲6六歩から矢倉に組む順が主流になったという経緯が有ります。

△3三銀や△3一角のところでは、△8五歩や△6四歩から米長流急戦矢倉の筋も考えられますが、一時期はよく指されたものの、現在は比較的稀な進行と思います。

結果的に、後手も追随して相矢倉の「新矢倉24手組」と呼ばれる形になります。


6図以下の局面については「新矢倉24手組」を参照して下さい。

  • 最終更新:2011-09-28 21:46:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード